お金がない!バス乗る金さえなくてヒョウの中長距離自転車こいで帰ってきました!

8 Responses to “お金がない!バス乗る金さえなくてヒョウの中長距離自転車こいで帰ってきました!”

  1. 波月 より:

    雹の中、寒いのにお疲れ様です。
    お金がない理由を考えてみると、恐らく給与が少ないからでしょうか。
    単純に考えると給与がよいところへの転職ですが、転職するにも何か強みが必要ですよね……。中々転職も難しい時代です。その職場で頑張って給与が上がるならそのまま頑張ってと言えますが、中々給料も上がりにくいですよね。
    何か安全な副業を始めてみる、支出を見直すなども考えてみるといいかも。

  2. bon より:

    お金がないと本当に惨めな気持ちになってしまい、死にたくなってしまう時があるかもしれませんが、そこまで気持ちがいっていないのであれば、現状の生活をキープしていければ、きっと運がめぐってきますよ!

  3. as より:

    お金を得る為には、働くしかありません。働いてもお金がないのではなく、お金の使い方に問題があるのでは?

  4. pudddingting より:

    若くないけど同じことをやりましたよ。
    惨めな気持ちになるのは分かりますが、ここは開き直って
    「これだけ濡れたけど、○○円の節約になったぞ!」と、胸を張りましょう。
    もちろん、濡れた服はすぐに脱いで乾かしましょうね。風邪をひいてしまったら節約もへったくれもありません。

  5. たこちゃん より:

    お金が無いと精神的にも不安になりますよね。
    給料日前などととくに焦りまで感じる時もありますよね。少しずつでもお金が貯まるといいですね

  6. norio より:

    この世に止まない雨はないです。
    頑張って自転車漕いでる、その自転車も大事にしてあげて下さい。
    いつかは報われる日がくると信じたいです。

  7. けめたん より:

    私も電車賃を節約するために、自転車で移動した時期もありました。

    今はすごくつらいと思いますが、考え方を変えてみて、
    「どのルートで行ったら、疲れを感じないのか?」とか、「おなか周りの筋肉が鍛えられるから、お金持ちになったら、ビシッとかっこいいスーツを着るぞ」とか、気持ちをごまかすっていうのは、どうでしょうか?

    病は気からともいいますから、気持ちから変えていったら、状況が変わるかもしれませんよね。

  8. けめたん より:

    ちょっと、見方を変えてみると少しは、気が楽になりますよ。「どのルートを通ったら、疲れを感じないで済むか」とか普通の方には経験できないことを経験していると思って、乗り切ってください。絶対に思い出に代わるときがきますよ。

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ