お金に対する価値観が夫と違って悩んでいます。

夫は質素堅実。私は細かい計算はしたくないタイプ。正しいのは夫だとわかっていますが、毎日こずかいを1000円ずつ渡され自由のない生活に泣けてきます。
それならば、自分でガンガン稼げばいいということですが、働いても働いても税金、社会保障費と経費に消えてしまうふがいない現実に悲しくなります。

26 Responses to “お金に対する価値観が夫と違って悩んでいます。”

  1. konoha より:

    ご主人の質素堅実さとあなたの細かい計算はしたくないタイプというのがそれぞれどれくらいなのかによって違ってくるかとは思いますが、毎日のお小遣いの値上げ交渉をしてみる、お小遣いを節約して少しずつでも貯めて、貯めることもできるというのをアピールしてみてはどうでしょうか。

  2. 初夏 より:

     うちと逆ですね。私は質素倹約タイプで、夫はあまり後先考えない使い方をします。なので、公共料金が支払えず、途方に暮れることもしばしばございます。少し臨時収入があると、すぐに欲しいものを購入したり、子供におもちゃを買い与えたりしてしまいます。ちなみに私は、お小遣いをもらっていません。どうしても必要なものがある時は、夫に頼みます。子供の学士資金のことも心配になりますし、一番下がもう少し大きくなるのを待って、はやく働きに行きたいです。

  3. タヒ より:

    ウチも嫁とお金に関する価値観が違っていて窮屈な思いをしています。
    何か買おうとすると「その金はどこから捻出するの?」と問い詰められ、明確な答えを持っていない自分はやむなく我慢するしかないのが実情です。
    四方の目につかないであろう小さな物は黙って買ってしまいますがね。

  4. より:

    私は23歳主婦です。1日千円、月にして約3万。私にしては充分に感じます。私にはおこずかいはありませんし、化粧品や服など美容室も、もう一年以上買ってません行ってません…

  5. スイスイ より:

    何かを得るためには何かを捨てなければならない事もあります。
    ご主人さんが毎日1000円ものお小遣いを下さるなんて、とてもいい人ではありませんか?
    あんた自身細かい計算が苦手だと自負しているのであれば、これは計算を克服するいい機会と考えてはいかがですか?
    どうしても計算が嫌なのであれば、扶養内月8万円のパートでしたら、所得税は取られません。
    しかし、忘れていただきたくないのは、あなたのご主人さんは、税金も年金も国に収め、さらにあなたにお小遣いをくれていると言うことです。

  6. ズワイ より:

    経費って、なんの経費ですか?
    毎日1000円もらいつつ、パートで働けば十分じぶんのおこづかいくらいにはなると思いますが?
    「自由がない生活」…って、働くなと言われてるわけじゃないんだから、少し大げさだと思います。

  7. まろたん3 より:

    旦那さんがケチなわけではないと思いますよ。きっと家庭の為にお金を管理をしてくれているのですね。自由が欲しいならパートに出てパート代を全額お小遣いにしてもらえますように交渉してみてはどうですか?

  8. ボルタレン より:

    毎日1000円貰えるだけ羨ましいですよ!お小遣いもらえない人だっているんですから・・・。ガンガン働いても税金などで消えてしまって泣けるという気持ちはわかります!
    ですが丸々なくなるわけでもないですしそれが今の日本なので日本にいる以上それでやっていかないとですし、お互いがんばりましょう!

  9. さかな より:

    毎日1000円ずつ渡されているのでしたら、かえってラッキーかもしれませんよ。「まとめて渡されると、あるだけ使いたくなるタイプ」とお見受けしますので。
    例えば食事は、実は自炊ばかりだと割高になる場合や面倒で続かなかったりもしますので、気楽にバランスよくやってみるのもいいかと思います。

  10. yuu より:

    おこづかいを1日1000円とは羨ましいです。
    ご主人様の扶養範囲内で働いてみたらどうですか?引かれる物はそんなにないはずですよ。
    私は主人の扶養でパートで働いています。お金の管理は私がしているので、お小遣いはないです。

  11. かっちゃん より:

    もっと、お金が欲しいなら、収入を増やしたら良いです。パートで働いたり、副業をして稼いで行けばいいんですよ。税金、社会保険料については、調べましょう。103万円以下であれば、所得税はなかったと思います

  12. マヤ より:

    税金という、自分の手元に残らないものにお金を払いたくないってことですかね?
    気持ちはわからないでもないですが、道路を整備してもらったり、自分じゃさっぱりわからない経済のこととか国防などに使われているので、安全を買っていると思えばいいんじゃないですかね?
    毎日電気を使うでしょ?
    それと一緒だと思えば、働いて税金を取られても仕方ない、というかそれで買い物してる気分になれますよ。

  13. rika より:

    毎日1000円使うわけではないですよね?
    それを貯めて使おうと思った時に使えばいいと思います。

  14. かとりーな より:

    堅実な旦那さんをお持ちのようでうらやましい限りです。毎日1000円の小遣いということは、月に30000円もらえているわけですよね?私は月15000円の小遣いでやりくりしています。下を見たら楽になるかもしれませんね。

  15. さくらん より:

    毎日1000円というのは、自由に使えるお小遣いなのでしょうか?それとも生活費なのでしょうか?
    とりあえず働きましょ!
    税金などは扶養を出るくらい働いてから考えればいいことです。

  16. まろたん より:

    一日1000円ということは月3万円のお小遣いということですよね?堅実な旦那さんの割にはだいぶ自由なお金をくれていると思いますよ。もっと少ないお小遣いでやりくりしている旦那さんもいらっしゃるので…

  17. くろねこ より:

    価値観の違いはお互いの歩み寄りがないとなかなか埋まらないと思います。今の生活に少なからず不満があるようですが、ある程度割りきって生活するのが無難ではないでしょうか。

  18. かっぱくん より:

    月に3万円も使えるのであればかなり不自由ではないはずです…

    毎日少しずつ渡されるから不自由に感じてしまうのかもしれません。
    一週間ごと、1ヶ月ごとなどの受け取りにしてみてはいかがでしょうか?

  19. よしおか より:

    うちも旦那が財布の紐を握っているので、自由にお金を使いたくなる気持ちわかります。私はたまに一気に買い物がしたくなるので、小遣いを貰う度に少しずつ貯金し、月に一度くらいの頻度でぱーっと買い物をします。
    質素堅実な旦那さんなのであれば、きっと将来にも備えてくれているはずです。そういったことも含めて、お互いの意識の擦り合わせができるといいですね。

  20. じい より:

    何故、貴方と夫の価値観が違うのでしょう。そこをまずは考えましょう。貴方はもっと使いたいとお考えで、夫は違う。夫の価値観では貴方は「千円あればやりくりができる」と思っているのです。

  21. ゆきな より:

    確かに価値観が違うと、かなり苦労しますよね。旦那様が財布の紐を握っておられるのは、確かに将来を見据えてくださってるかもしれませんが、何にどう使うために、いくらあるのか、一度話し合って確かめるのもいいかもしれませんよ。

  22. こた より:

    夫婦で話し合って、普段は質素な生活をしていても、どこかでどーんと使う日を設けたらどうですか?
    例えばクリスマスや誕生日など特別な日は必ずいいものを買うとか。
    高いものはその分自分でも大切に使いますし、安物買いの銭失いより、結果的に倹約になると思います。
    旦那さんの思想にもあってるのではないですか?

  23. ぽんぽこりん より:

    毎日1000円もらえる?
    それに何故不満があるのですか?
    まったく使わない日もあるのではないですか?その1000円。
    と言うより余るほうが多くないですか?
    文句あるなら働けばよろしいのでは?
    税金持っていかれるのは誰しもです。

  24. arare より:

    一日1000円、一か月3万円のお小遣いを旦那様から頂くなんて羨ましい限りです。
    働いても税金や社会保険料に消えるとの事ですが、働いた分全部持っていかれるなんてことはない訳で、何もしないより働いた方が確実にお金は手元に入りますよ。
    税金も社会保険料も、廻って自分にも還元されているところがあるので、丸々損とは言えません。
    実際は高額収入の人ほどそれらを払っているわけですが、還元率はそうでない人と変わらないか、若しくは少ないものですから。
    社会人としての誇りをもって、それらを収めているならふがいないなんてこと無いと思います。

  25. みう より:

    確かに夫婦の金銭面での価値観に違いがあると辛いですね。
    ご主人からいただいている千円以上に使いたいというのも
    わかる気がします。
    やっぱりあなたが今以上に稼ぐ以外にないのではないですか。
    ご自分は細かい計算はしたくないというなら、がんばって自分のおこづかいぶんは自分で稼ぐという以外ストレスが解消できるみこみを感じません。
    お金のやりくりが好き、得意な人はわりにストレスなくそれらができます。
    できな人には苦でしかない。
    ただ、自分がどれくらい普段使っているか把握するのは大事だと思うのでおこづかい帖からでもはじめてみては。
    意外と無駄遣いがみえるかも。

  26. 河内ミスズ より:

    税金や社会保険は関係ありません。まずはその意識を改革しましょう。
    それと、自分の収入以上の支出を続けていればいずれ破産します。単純な算数の問題であり、当然のことです。
    その性格であり続ける限り、旦那さんのやり方が変わることはないでしょう。

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ