お金を借りに来る人が時々います。

お金を借りに来る人が時々います。
友人ということもあるので断りづらく貸してしまい、そのお金が返ってきたことはありません。
そんな経験を何度かしてふと思いました。
お金を借りに来る人は全く節約しようとか、自分が悪いとかなんて思ていないということに…。
それからは「酒、たばこ、雑誌や衣類など必要性のないものを節約すればいい」とはっきり言うようにしました。
それからは相手は逆切れして帰るようになりましたが、新たに別の人がお金を貸してくれといってきます。
私にはこういう人としか縁がないのでしょうか。
縁が切れたらいいのに…。

2 Responses to “お金を借りに来る人が時々います。”

  1. ううううう より:

    お金貸してくれそうに見えてしまうんでしょうか?何が原因になっているかはお会いしているわけではないのでわかりませんが、何かがあるのではないかと思いますので、例えば食事に行ったら絶対に割り勘にするとかそんな風にして人に貸せるほどお金持ってませんオーラを出すといいと思います。

  2. キャニ より:

    まず、「節約をすればいい」と正論を相手に伝えることができた自分自身を褒めてあげて下さい。当たり前のことかもしれませんが、その当たり前が当たり前にできない方が世の中には多くいるのですから。相手が逆切れしたことは、相談者様の正しさを証明しているのだと考えましょう。借金の申し込みを断る回数を重ねていくうちに他のことに役立つときがくるかもしれませんよ。

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ