つい癖でクレジットカードを切ってしまう

28 Responses to “つい癖でクレジットカードを切ってしまう”

  1. 節約の鬼 より:

    私も支払はクレジットカード派なので
    毎月結構な額の請求がきます。
    私のやり方はカードを使用した後、使用した額を封筒か
    なにかに必ず入れておきます。
    そして請求がきたらそこから支払うようにしています。
    これをきちっとおこなえば請求日に苦しむこともなくなりますよ☆

  2. つこ より:

    自分で使ったカードの履歴がわかるよう、カード未払い残高のような家計簿つけたらどうでしょうか?
    それとも、カードははさみを入れて破棄し、すべて現金で支払うとか?

  3. ほっこ より:

    クレジットを卒業するという方法はいかがでしょうか?ついついあると甘えてしまうものですので、そこはきっちりお別れしてみるのもいいかもしれません。

  4. みかん丸 より:

    クレジットカードって使っている額が分かりにくいから、怖いですよね。クレジットカードは一枚に絞って、一回にすると使いすぎを防げるらしいですよ。また、使った額を直後に必ず入金するという方法もあるらしいです。クレジットカードの方がポイントとかもたまりやすいですし、賢く付き合って行きたいですよね。

  5. ゆき より:

    カードを切った分の金額相当の現金を、簡単に手にできない場所へ保管するのはどうでしょうか。キャッシュカードの発行を受けていない普通預金や定期預金、自宅の開封困難な貯金箱など。

  6. 青ちゃま より:

    クレカの賢い使い方は、クレカ一本にするか現金主義の方はクレカを持たないようにする事だと思います。
    クレカ使いにするなら、現金をおろさず、あらゆる支払いにおいてクレカにしましょう。
    今はスマホで使った額を管理できます。アプリをとって、管理しましょう。

  7. norio より:

    どうしてもその癖が直らないなら、クレジットカードは全て辞めて、デビットカードに切り替えるべきだと思います。
    預金残高のある範囲でしか使えないので、無駄遣いにならないです。
    ほっといて自己破産、なんてことになったら、嫌でもクレジットカードは持てませんよ。
    クレジットカードでしか月々の支払いができないものがあるなら、そのカードだけ残して、家に保管して持ち歩かないようにして、他の余計なクレジットカードは辞めてしまいましょう。

  8. Danne より:

    私も以前クレジットカードの管理ができなくて明細が来て青ざめる日々を過ごしてました。
    ・カードを一枚にする
    ・使用したら金額をポストイットに書いてカードに貼る
    これで無理なら、現金一本化の方が管理できると思います。

  9. さと より:

    私もよくクレジットを使ってしまって、支払いにビックリしました。

    私はガードの限度額を下げること、ガードは一枚にしました。
    また、デビットカードにしました。

    それで、支払いが雪だるまみたいにふえることはなくなりました。

  10. さと より:

    私はクレジットカードの限度額を下げました。また、枚数を、一枚にしました。
    デビットカードにすることも今は考えていますが、今のところこれで支払い額にびっくりすることはなくなりました。

  11. いくらすきー より:

    週に一度、インターネット上で利用額を確認して別保管するのはどうでしょう?
    何曜日に行うか決めてやると億劫でもないかと思います。

  12. オカネコマチ より:

    クレジットを一旦封印してはいかがでしょうか?
    または、使った都度その金額を引き落とし口座に入金するのはどうですか?

  13. nagano より:

    自分のクレジットカードをお金に関してケチな家族に持っていてもらう。もちろん家族がそれを使わないことが前提となりますが。

  14. マリネ より:

    浪費癖は直したほうがいいですよね。気づいたら莫大な借金になっていたらそれこそ困ります。。
    私もクレジットカードの使い過ぎで、請求書の額が思ってたよりも使ってたことってあります。
    クレジットカード怖いです。
    なるべく現金で支払うようにすれば、使い過ぎることもなくなるのでは??

  15. るなるな より:

    クレジットカードを家に置いたけどいいと思います。
    自分もあると使ってしまい凄い金額が来そうなので作ってません。

  16. yumikohanasyarif より:

    クレジットカードはすべてキャンセルされたらいいのではないでしょうか。無いお金で買い物をするイコール借金ですから。

  17. 紫式部 より:

    私もクレジットカード派なので、良くわかります。使いすぎるので1枚だけにしたのですが、それでもつきに10万近く支払う事もあります。もうこれは治らないのじゃないかと思ってます。医師に「買い物依存症」と言われています

  18. yukko50 より:

    クレジットは便利ですが、気付くと負債が増えていくんですよね。
    私もそれで失敗し、今はデビットカードとドコモのID決済のみです。
    ID決済もクレジットカードみたいなものなので、あまりお勧めはできませんが、限度額が決まっているので、使い過ぎは防げますよ。

  19. さる より:

    クレジットカードを持ち歩かず現金のみにしてみませんか。そうしすればカードを切りたくても切れないでしょう!

  20. うさぎさんのおうち より:

    もしかしたら、躁鬱などのご病気ではないでしょうか?一度精神科を受診されることをお勧めします!

  21. kameyuka53 より:

    私もついついクレジットカードを使ってしまいます。ポイントが貯まると思うとついカードでの支払いをしてしまうのです。繰り上げ返済しようと思うのですがなかなか面倒な事ができず…
    今はデビッドカードを利用するようにしています。

  22. ともたん より:

    確かにクレジットカードは便利だと思いますが、使いすぎてしまうのも確か。なので私は持っていますがあまり使っていません。何枚も持っていると使いすぎてしまう可能性があると思うので、1枚に絞った方がいいのでは?また使った分を家計簿などつけておくとどれだけ使ったか少しは把握できると思いますよ。

  23. cha-ko.0925 より:

    クレジットカードは便利ですよね。
    その場ですぐに欲しい物が手に入るから、後先考えずに使ってしまいます。
    私は過去に任意整理した人間です。
    一度現金主義となりましたが、今は1枚のクレジットカードだけでやりくりしています。
    まずは月にどのくらいクレジットカードを使っているのか把握する意味でも、家計簿などをつけてみてはいかがでしょうか?

  24. かなやん より:

    まずはクレジットカードを切る(決済)するのではなく、物理的にハサミ等で切ってしまいましょう。
    使うことができなくなり、現金のみで決済しましょう。

  25. ゆりあ より:

    クレジットカードは、うまく使えばポイントも貯まり徳にもなります。その反面、分割やリボ払いで買えば高価な物も手に入るという甘い誘惑も生みます。

    私はクレカは基本1枚のみを使用し、現金のみのお店以外ではクレカをあえて使います。

    投稿者様はカードだから買えると思い、所得に見合わない高価な買い物をされる傾向がありますか?その場合、本当に必要なのか否か、利息が発生する場合それを払ってでも欲しいものなのか立ち止まり考えることができるか否かが重要かなと思います。

    もし、誘惑に負けてしまうのでしたら、カードは解約し完全に現金主義にされ、使えるものだけ封筒などに入れ、貯蓄したいお金はすぐに給与振込口座とは別の口座に入れるのはいかがでしょうか?

    無駄なお買い物をする事、所得に見合わない買い物を控えられるか否かでカードを持つべきか否かが変わるかと思います。食材や定期、光熱費など必要経費をカードに当てるのは私は得だと思いますが、それ以上の買い物をするかしないかはご本人の性格や考え方次第なのかなと思います。

  26. アキコ より:

    クレジットカードを持ち歩かない方が良いと思います。あると使ってしまいますよね。
    一回、全額返済して明細が届かない状態にしてから、家に置いておくんです。使わないのになれたら、年会費がかかるようなら解約した方が良いと思います。

  27. あおあおい より:

    クレジットって、お金を使ってる感覚が無いですよね。。だから怖いです。知人が「魔法のカード!打出の小槌!」って言ってました。いくらでもお金が出てくるみたいな。この感覚、恐ろしい。
    どうしてもカードが必要になる時もあると思うので(カード決済のみとか)、一枚だけ残して、あとは解約するとか、カード自体を無くしてしまった方が良いと思います。

  28. もっぷ より:

    クレジットカードを持たないようにするのは不可能なのですか?
    わたしは後のことを考えずに自分は使ってしまいそうなタイプだなと思っているので、普段持ち歩かないようにしています。

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ