まだ40代で毎月の薬代が負担となっています。

先月から謎の腹痛や下痢などの症状に悩まされており、幾つか病院を回りました。行く先行く先分からないと言われ四つ目の病院で医者に入院と言われました。それから2ヶ月入院し、症状も落ち着きましたが、服薬の必要があり、現在も外来で通っています。まだ40代で毎月の薬代が負担となっています。

12 Responses to “まだ40代で毎月の薬代が負担となっています。”

  1. ころ より:

    私にも同じ経験があります。
    病気の真の原因を追究しないといつまでも負のスパイラルから抜け出せなくなります。病気の真の原因を追究する為に一度自分自身で自分の
    生活を見直してみて下さい。何か新しい発見がある事もありますよ。

  2. まあ1 より:

    薬代、本当に積もれば積もるほど、金額的に大変ですよね。薬代に対して、もっと補助をしてあげるべきだと思います。

  3. まんごすちん より:

    体調不良が続いてあるようですね。お大事にされてください。複数の病院を回られているとのこと、診療費とお薬代がかかっていそうですね。病院は個人の病院ですか?大学病院ですか?個人の病院よりは大学病院をお勧めします。

  4. あおい より:

    謎の腹痛、大丈夫でしたか?私も大腸憇室炎というやつになり、入院しましたよ。大変ですよね。お金がかかりますよね。すべてとって、確定申告のときだしたら10万以上だと少しですが戻ります。薬代、病院へ行くとき使ったタクシー代も対象ですよ。体早くなおしましょうね。

  5. ナツ より:

    私も大腸憇室炎で入院というはめになりました。腹痛あなどれません。で、治療費がー!こわいです。すべての領収書はとっておいて年度末の確定申告で出すと小遣い程度ですがもどりますよ。

  6. スズラン より:

    結局なんの病気だったのでしょうか・・・。内服が、必要な病気であれば薬剤は、きれませんので高額医療や生活保護など検討したらいかがでしょう

  7. ひめたん より:

    わたしはうつ病で、月に2回から3回病院に通っています。薬代もあわせると月1万円から1万5000円かかっています。そのため、病院代が負担となっています。
    お医者さんに相談したところ、医療費控除などの制度があるので調べて、住んでいる自治体の役所に相談してみるように勧められました。
    なので、投稿者のかたも役所に相談してみてはいかがでしょうか。

  8. まい より:

    医療代って結構負担ですよね。
    ただ、体の不調と毎日我慢する生活をもししたとしたら、いつか命にかかわる病気に繋がってしまうかもしれません。今のうちに、健康な体を作り、将来のリスクを減らそうと考えてみてはいかがでしょうか。

  9. まる より:

    それは大変ですね。体のことを考えると、お金が惜しいとは言ってられませんし、でも薬は高価ですよね。続けていくのも大変なことです。謎の腹痛や下痢は、もしかしてストレスから来るものでしょうか?精神的なものですと、精神科に通った場合に医師と話し合った上で都道府県に申請すると一割負担になる場合もあります。続けていくためにも、地域の保健所などに相談してみてはいかがでしょうか?

  10. ミント より:

    お体ご自愛されてください。
    今現在治療専念でお仕事はされていないのでしょうか?収入が絶たれているのであれば、役所に相談するのが一番早いのではないかと思います。大きい病院ならまずは病院のケースワーカーに相談してみたり、役所であれば健康保険課や生活保護課などに相談すると、医療費減免出来たりします。
    お辛いとは思いますが、早く回復されるようにお祈りしています。

  11. みほ より:

    医療費控除はぜひ使ってください。10万円を超えた分の税額がもどります。
    病名ははっきりわかりますか? 漢方での診療は受けたことがありますか? 意外に「わけわからない系」の病気に、漢方が効く、と聞いたことはあります。精神科、という手もあるかもしれませんが、ご自身に思い当たるところがあれば、という条件つきだと思います。

  12. よっしー より:

    保険には入っていますか?薬代はどうにもならない部分がありますが、行政に相談したりして、相談するところはたくさんあると思いますので、困っている場合は必ず相談することが大切だと思いますよ。早く体調が良くなりますように。

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ