マルチタイムフレーム簡単MACDシステム


色々複雑なインジケーターとトレードシステムをためしたけど、結局とてもシンプルでうまく機能する今のルールに落ち着いたんだ。

 
 
で、みんなと、このルールをシェアするよ。なので、みんなの視点からアドバイスしてほしい。あと、だれか自動売買にするのを手伝ってくれないかな。
使うインジケーターはMACDだけ。色は3つ。
 
セッティングの仕方は、4時間足チャートの場合は
それぞれパラメータを
① 12、26、9
② 72、156、54
③ 360、780、270
とするんだ。
 
日足チャートの場合は、
① 12、26、9
② 72、156、54
③ 240、520、180
になる。
 
僕は4時間足チャートでしかトレードしない。
エントリーは、3つのMACDが緑色に転じたらロング。シグナルが出た時のローソク足の最高値に逆指値でロングをオーダー。同じ足の最安値で損切りだ。
ターゲットは損切りまでの幅と同じ。リスク・リワードレシオは常に1:1になるよ。
エントリーしてから、相場が順調に動いて、目標値の半分まで届いたら建値の位置にストップロスオーダーを移動してね。
 
4時間足チャートでは、200日移動平均線だけを表示。それでトレードシグナルが出た時に、200日移動平均線がターゲットとストップオーダーの間にある場合はトレード見送りだ。
ターゲットまで25pips以下の場合もトレードしないよ。
 
Lazyegg
面白いね。チャートも投稿してもらえない?
4時間足以外では機能しないの?1時間足とか5分足とか、他のタイムフレームでも試してみた?
 
Garfield75
ありがとう。他の時間足では試してないんだ。僕は4時間足以下のチャートではトレードしないんだよ。来月(2013年9月)から、4時間足と同様に、日足チャートではトレードする予定だけどね。
 
Garfield75
いい例が出てきたので、ポン円のチャートをアップするよ。僕がトレードしているものだ。シグナルが点灯したローソク足の最安値でエントリーしたよ。
 









One Response to “マルチタイムフレーム簡単MACDシステム”

  1. 寿司忍者 より:

    マルチタイムフレームと言う概念は色々な手法にも応用出来てあたらしい気づきがありますよね。
    上位足は上昇傾向だから・・・ショートし辛いなぁ~とか。

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ