主人の会社の残業制限が出て大幅に給料が減りました。

主人の会社の残業制限が出て大幅に給料が減りました。新築マイホームを購入した矢先です。貯金を増やしたいけれどどんどん減るばかりです。食費を削るしかないと思いますが、夫婦と一歳の子供で約五万円かかっています。外食をする時は6万円くらい。食費の節約方法や裏技を教えてほしいです。まとめ買いの買い方など。

46 Responses to “主人の会社の残業制限が出て大幅に給料が減りました。”

  1. より:

    もう既に実践されていることだったら申し訳ないですが、私の食材の節約方法を以下に書きます。
    主人にお弁当を作る。(余り物などを利用しています。)
    自動販売機やコンビニで買わないように、麦茶を作りどこへでも持って行く。できないこともあるので、安いペットボトルを買い置きし、作れないときはそれを持参しています。
    買い物は週に1回のまとめ買いにして、それ以上買い足さないようにする。(無理なときもありますが…)
    肉はまとめ買いの方が安いので小分けにして冷凍。
    私は、何回も買い物へ行くとつい無駄なものも買ってしまうのでまとめ買いにしています。
    外食をする時は、お店のクーポンがないかを事前に調べます。というか、クーポンのある店に行くようにしています。
    よく行く店はポイントカードを作ってコツコツ貯めています。近所のスーパーはポイントを現金にもできるので、貯まったら現金にしています。
    楽しんで節約するのが一番ですよね。お互いに頑張りましょう。

  2. レノ より:

    残業制限で給料が減ったとのことですが、ご主人の帰宅時間は早くなりましたか?早くなっていない場合はサービス残業を強制されている可能性もあります。その場合は未払いの残業代にプラスして慰謝料等を請求できる可能性があります。情報が少ないのでこちらでは判断がつきませんが、そのあたりに思い当たる部分があればまず確認してみてください。まとめ買いについてはヤフーなどに情報が載ってますのでまずは確認してみてください。

  3. 特命さん より:

    子供が1歳ですでに5万円はヤバくないですか?
    成長すると、もっと大変になりますよ!

    一番簡単にできるのが、ペットボトル飲料をやめること。
    そして、レトルトや冷凍食品、スーパーのお惣菜にたよるのをやめること。
    おやつや家飲みを見直すこと。

    しんどくならない程度で、手作りを増やしてみてはどうでしょう?
    例えば、サイダー+いちごジャム+日本酒少し、で美味しいお酒になったりしますよ!

  4. ニナ豆 より:

    実践されていればよいのですが、私の家で実践しているのは、一ヶ月(はじめは一週間)の献立を決めます。それに対して、一週間に一度まとめ買いに行きます。買い忘れや、常に必要なもの(油や調味料)は都度、特売日などにあわせ買います。これで大人四人家族で、食費(日用品含)が、十万円から八万円に抑えられました。これで、二万円ずつ貯金額が増えていますよ!

  5. 単発 より:

    伺った中で節約できそうな項目は、外食代、水道光熱費、通信費ぐらいでしょうか。詳しい収支を無料の税理士相談会などを活用して、プロのアドバイスを受けるのも手だと思います。

  6. ゆうたんママ より:

    わかります!うちも基本的に超勤ができないため、超勤で多かった給料が10万ほど下がりました。しかしいつも23時ごろの帰宅だったのに、今では20時くらいには帰ってきているので、家族の時間が持てたり体調もよいようです。外食を少し控え、一緒に家で食べる機会を多くすると少しは食費の節約になるかと思いますよ。

  7. もりお より:

    残業代が減ってしまうのは痛いですが、そもそも残業代をアテにした生活を送ってはいけません。
    本来の定時で働くお給料が旦那様の稼ぎです。残業代は臨時収入と考えましょう。
    もし残業代がなければ厳しいのであれば、今の会社が合わないと判断して理想の残業代が出る会社、もしくは今より固定給が上の会社を探すしかありません。
    やればやるだけ稼げる会社もありますので視野を広げてみるのも良いですよ。

  8. by0529 より:

    わかります。
    うちも残業代カットになり収入が減りました。
    私が実践してる食費の節約は、すでにされてるかもしれないですがまとめ買いです。
    1週間に2回の買い物で済ませてます。
    車では買い物に行かず、自転車か歩きで行くこと。
    持てる荷物に限界があり、余計なものを買わないからです。
    そして、買い忘れたものがあっても追加で買い物に行かないこと。
    考えれば家にあるもので何とかなります。

  9. マイク より:

    まず食費を軽減するのは「外食を選ぶ」ことです。
    作るより安い外食もあります。
    そして明らかに自炊したほうが安いお得意レシピはガンガンやりましょうよ。結構安くて豪華な食事って簡単に作れますよ。
    そして、「百均の活用」これです。
    百均でいいものは全部それで揃えてしまいましょう。たいがいのものありますよ。

  10. しおん より:

    私の家もだいたい同じ感じです。
    でも、ぎりぎりまで頑張って、なんとか主人にはちょっと足りない・・と言わないように努力しています。
    最近は野菜が高いので、今までは嫌で使わなかった、カット野菜や冷凍野菜を使うようになりました。時間も短縮できますし、思ったよりも、おいしいし便利ですよ。

  11. だるだる より:

    夫が上の人と合わずに左遷された経験を持っています。
    外食をやめ、デリバリーを取ることもやめました。
    前の方がコメントされているように、クーポンやポイントは駆使しています。
    お味噌汁にいろんな具をたくさん入れて、おかずの一品にします。
    具だくさんと言うより具だらけです。
    ただ節約続きで息切れしそうな時は、プチ贅沢をして甘いものを食べています。

  12. ちょこ より:

    節約生活は大変ですが、お子さんもまだ小さいので、手作りの家庭料理を研究しながら作るのは良いことです。
    お買い物は安いスーパーでなんとかまとめ買いにして、食材を少なくしてレパートリーを増やしましょう。工夫すれば手作りの方が食費はかなり安くなります。そして、外食はなるべく控えることです。苦しいけれど、家庭での過ごし方を充実が一番です。

  13. fnfrk より:

    ご主人あっての生活でので、ご主人のおこづかいを減らすことのないようにしてあげてください。
    内助の功で、さらに昇格・昇進・出世できるように、今は自分が我慢してでも、御主人が帰ってきてほっとできる家にしてあげてほしいです。
     眼の先の減額におろおろしないで、気持ちは「先行投資だ」と思ってください。
    今は便利なことに、インターネットを通してなんでも出来ますから、ブログで収入を得ることや、オークションで不要品を売ったり、何かを転売して稼ぐことも可能ですよ。

  14. MOMO蔵 より:

    厳しいようですが、マイホームを建てる時に残業代を充てる考えには無理があります。ご主人の体も考えてあげてほしいものです。食費を節約するという考えが真っ先に思いつきますが、3人家族で5万円くらいは妥当だと思います。食費を削って良いことはありません。ご家族の健康も考えないと余計にお金がかかってしまいます。他に光熱費はどうですか?自由化にもなりいろいろ選べるのでは。あとは、買い物をする際に現金ではなくポイント付きのクレジットカードなども利用する価値はあると思います。

  15. のり より:

    能力のある人は残業をしないなどと言われて仕事が溜まっているのに残業が出来ない、仕事をこなすためにはサービス残業をやるしかない。これが現実ですが本当に残業が必要なら仕事の棚卸をしてください、仕事の内容と必要な時間を表にして上司に見せることで局面が変わるかもしれません。

  16. 飴ちゃん より:

    電気代の節約などはいかがですか?こまめに電気を消したり、寝る前いつもは抜かない主電源を切って節電したり。一ヶ月続けることでかかるお金がだいぶ変わってくると思います。あとは間食をやめたりとかですかね。こつこつ続けていくことが大事です!

  17. なな より:

    食費の節約なんて、労働に比べたら得られる金銭は微微たるものです。現状頑張っておられると思いますので、無駄遣いを省きつつ、収入を増やす方に考えた方が良さそうです。旦那様はお帰りが早くなられたのでしょうか。会社の昇給制度などを確認して、もらえるものは貰いましょう。旦那様の会社の同僚や上司は何か対策をされているかもしれませんので、旦那様と話し合ってみては。

  18. カズ より:

    会社の残業制限が出て給料が減ったのならば、掛け持ちで働く所を探した方がいいと思います。そうすれば節約とかしんどい事をしなくてマイホームのお金を払っていけるのではないでしょうか?

  19. soranoiro より:

    お給料が減ってしまったのは大変ですね。
    節減する費目は食費しかないのでしょうか?

    1ヵ月あたりどのくらい収入が減り、もしも今まで余裕があったのなら、その額を加味して、最終的に幾ら減らさなければならないのか、算出してみたらどうでしょうか。

    仮に食費しか調整できないとしたら、1歳のお子様がいらっしゃるということなので、1ヵ月に最低必要なミルク代など必ず必要な出費が幾らで、残りの金額を日割りで算出して、1日あたり食費は幾らまで使える、というふうに目安を立てたら、買い物がしやすくなると思います。

    保存の利くものはまとめ割引など利用するといいと思います。
    日配品なら、必要な分だけ購入し、冷蔵庫の中で冬眠してしまったり、死亡してしまう食材がないようにすれば無駄がなくなり、節約にもつながるかと思います。

  20. ふてにゃん より:

    残業制限で収入が減ったという話、最近よく聞きますよね。
    一歳のお子さまがいらっしゃるとのことで、奥様が仕事にでるということもなかなか難しいですよね。
    食費の節約方法ですが、私はあまりまとめ買いはしないかな。
    まとめて買おうとすると、一度にまとまったお金が出て行ってしまうので、その時その時必要なものだけを少しづつ金額を決めて買うようにしています。
    ただし、あまり頻繁にお店に行かないこと。お店に近寄らないことが一番の節約になると思います。

  21. ラーメンマン より:

    お気持ち分かります。私も給料が上がらない以上、支出を減らすしかないわけで、悩んでいます。ひたすらポイントにマメになるしかなく、ドコモ、楽天、Tポイント、ポンタ、あとはポイントサイトで貯めて、交換。空いてる時間はこれに費やし、通勤の往復はクラウドワークスしかありません

  22. ksnt より:

    仕事のできる人がやっている事の一つに
    「残業代で稼がない」という物を聞きました。
    一度、賃上げの交渉をお勧めします。
    食費の節約については、なるべく見切り品を買う事を
    意識するのを提案しますが夏場は安全性のリスクが在ります。

  23. beck より:

    食費を節約するのであれば、まず外食は諦めて下さい、非常に高額な出費となります。
    自宅の冷蔵庫の大きさにもよりますが、業務スーパーやコストコで大量に買い込んで冷凍することで出費を抑える方法もあるので試してみてはどうでしょうか?

  24. せりせり より:

    食費の節約で私がしていることを挙げます。もしよろしければご参考にしてください。
    ・野菜は直売所で安く買う
    ・もやし料理のレパートリーを増やす(炒め物、ナムル、汁物など)
    ・冷蔵庫に買いだめをしない(食材を無駄にすることを防いでいます)
    ・米に大麦などを入れてかさ増しをする
    ・お菓子は買わず、自分で作る

    まとめ買いをするとのことですが、私は食材を無駄にした過去があるので出来るだけちょこちょことスーパーへ行き、その日安いもので献立を立てています。

  25. りりこ より:

    ご主人のお給料が減ってしまって大変ですね。
    お車はお持ちですか?
    車の保険も安いところに変えたり、生命保険も持ち家でしたら
    家の保険もあるので削れるところを見直したり。
    光熱費などで節電。食費は外食は月一回程度にし、ご主人が早く
    帰宅するようになったのでしたら 一緒に作るとか、作ってもらう。家族の時間が増えて楽しみ方も工夫次第で幸せになります。
    お子様が大きくなれば奥様も働けるし 家計はこれからなんとか
    なると思います。今の子育ての時間を大切にしていると きっと
    素晴らしいお子様に成長します。将来その方が幸せが倍増しそうです。

  26. elly より:

    食費の節約のためには、その週の献立を決めておき、週1回の買い物で済ませるようにしてみるとどうでしょうか?
    また、旦那様のお昼も、お弁当を用意したり、お茶なども麦茶や烏龍茶などをティーバッグで作り、持ち運びするようにするなども、節約になります。
    また、毎日お酒を飲まれるようであれば、飲む回数や量を減らしてみるのも、かなりの節約に繋がると思いますし、健康にも良いのでお薦めです。
    また、買い物も近くのスーパーに限らず、特売をしているお店を探したり、ポイントが貯められるお店などを利用し、お買い物に還元できると節約に繋がります。

  27. まど より:

    大人二人で小さな子供一人で月六万は費用がかかりすぎています。大人3人でも、4万に押さえることができます。食材自体か、消費の仕方を見直したほうがいいのではないでしょうか。

  28. anna より:

    基本、特売日にまとめ買いして、おかずもある程度作り置きします。まとめて調理した方がガス代などの節約にもなるので。それから、買い物に行くときは予算分しか持って行きません。まず生活費から、食費を別にしておきます。毎月4万で抑えたいなら、週一回買い物に行くとして、一度に使える上限を一万円までと決めてしまいます。それを超えないように買い物するので、自然といつもよりはそれぞれの金額を気にして計算しつつものを選ぶようになります。いきなり食費を抑えようとするときびしいので、3000円減らしてみて、その月それでやり切れたら次の月はさらに2000円減らす…と徐々に抑えて、無理しすぎないラインを探してみてください。

  29. あさこ より:

    食費がかかりすぎですね。うちは夫婦と四歳の娘、0歳の息子で粉ミルク代も含めて1月36000円ほどです。粉ミルクが大きい缶が週1でなくなるので1月で1500×4=6000円なので、粉ミルク以外の食費は約三万です。外食は家族で月に1度以下、ママ友や友人との平日ランチが月二回ほどです。
    しかし昔は私もそれくらいかかっていました。それがここまで減らせたのは極力スーパーに行かないようにしました。週1~2しか行きません。もちろん買いだめはしますが、何度もいくより絶対やすくすみます。何度も行くと必要のないものを買ってしまうので。例えば特売になってるお菓子とかです。
    冷蔵庫の中のもだけで何ができるかと毎日考えてるので料理のレパートリーも増えました。

  30. かいたろう より:

    ポイントがつくお店で食費は購入してポイントを貯める。ポイントで商品券とかに交換できたり、割引券が出たりしたら後でお買い物するときに助かる。外食を1回減らすだけでも違うと思いますよ。

  31. うちゅう子 より:

    我が家では、コンビニに行くのをやめることにしました。
    コンビニは、大変便利なようで、安く買えるようですが、実際はあれこれと余計なものまで買ってしまい、結局は月に数万円支払っています。
    あと、実践しているのは、激安スーパーでのまとめ買いです。
    一週間の献立を立ててから、買い物に行くので、あれこれと悩まず、スムーズに買い物に行けるので、家族のストレスもなくなったような気がします。

  32. yooooko より:

    まず毎月の固定費の見直し、保険料や住宅ローンなど、毎月必ずかかる経費を見直し、それから食費・通信費・交通費など流動的なモノをひとつひとつ見直していくと、意外ともう使わないサービスをついつい利用していたりしますよ。あとは極力外でお金を使わない。旦那様が外で不憫にならない程度に協力してもらい、節約を楽しんでください。辛いばかりの節約は続きませんし、いつかその我慢は決壊します。

  33. ナナ より:

    節約は大切なことですが、併せて増収策を考えてみてはいかがですか。副収入を得る方法を検討すべきではないでしょうか。節約と増収を同時にやってみてください。

  34. ぽぽぽん より:

    そもそもの話になってしまいますが、残業手当をアテにした生活はおすすめできません。
    裏技というほどではありませんが、クーポン利用や外食禁止、あとはなるべくクレジットカードで支払いをしてポイントとこつこつためる・・・などでしょうか。

  35. エルクレス より:

    急なことにかなり不安を抱えていらっしゃるようで、心が痛みます。お子さんも小さく、育児と家の土台を支えることでプレッシャーも強い事でしょう。

    まずは貯金の目的は何かを設定しましょう。
    もしお子さんの学費のことであれば、ただ貯めるより学資保険にはいるとか、老後のことであれば個人年金に入るのも自動的な貯金になりますし自分の手元を強制的に搾れるので心が揺らがず、手堅く貯金が出来ると思います。ただ漠然と、「なにかあった時のため…」と思っているとなかなか貯められないものです。

    また搾るのは電気や水道、ガスでも出来るのではないですか?
    電気は細かく消して歩く、24時間風呂は使わずつど追いだきする、バスタブにお湯をはったらシャワーは使わない、余った湯船の水を洗濯や水洗トイレの流し水に利用する、昼間やご飯の最中はテレビを見ない、冷蔵庫内にカーテンをつけて冷気を逃がさない…などなど。巷には節約術が溢れまくっているのでぜひ自分にあった方法を調べて、頑張ってくださいね!

  36. ラミー より:

    私も毎月引かれるものが多くて貧乏生活の毎日です。
    引っ越す前はお祖母ちゃんによく食材を買ってもらったりしていましたが、今はそうはいきません。私の場合は貧乏でも食べ物には困らないようにしてます。中国食品は安いですがさすがに購入してませんけど、それ以外の外国の大量に入ってる冷凍の肉、野菜の購入、お菓子はドン・キホーテが大量に仕入れてるので他の店よりも安いですし、あとは、どうしても国内産で安く済ませないなら、24時間営業のスーパーの深夜に買い物するか、19時過ぎ頃から何割引きになるのでやってみてはいかがでしょうか。

  37. タル より:

    仮に月平均3万円収入が減ったとして、3万円分の支出を減らさなければなりません。その場その場の贅沢を控えるのも実はなかなか苦しいので思い切って固定費。特に通信費、生命保険の見直しがおすすめです。携帯電話の料金プラン、自宅PCもつなごうものなら夫婦で実は2万円弱の金額を使っていないでしょうか?思い切って自宅のインターネットを解約、電話料金の見直しを行いましょう。私は格安スマホがでるまで思い切って個人携帯、自宅インターネットを解約しましたがこれがかなり効果的でした。

  38. taka-t より:

    食費の節約方法ということですが、これについては週末など休日に道の駅等に行けば野菜がびっくりするほど安く買えます。お子様も一緒にレジャーを兼ねて行くのも良いかと。これからは苺狩り等もあるので楽しめると思います。

  39. さとう より:

    支出を減らす方法として、真っ先に食費を上げておりますが、本当に他の部分で削れるところはありませんか。
    例えば、電話代なんかは格安スマホにするだけで、半額以下になりますし、各種保険料金もいろいろ見直せば、もっと減らすことはできませんか。一度、支出の内訳を確認し、根本的なところから見直してみることをお勧めします。
    また、食費については食べる量を減らせないなら、劇的に減らすことは難しいと思います。食材購入費を減らすには、家庭菜園を始める等、購入せずに食材を入手する方法を模索するのもよいかもしれません。

  40. i_k_h_f より:

    食費って、ホントに難しいですよね。自分ひとりだけならなんとでもなるのに・・・と、私も最近まで思ってました。
    ですが、栄養やバランス、食材にこだわりだしたらキリがないんです。
    私は主人と2人暮らしなのですが、はじめのうちは6万平気でかかってました。
    今は、主人とお金の話をキチンとするようになったので、ご主人がご一緒の時にまとめ買いしたり、週に1~2回程度のまとめ買いに変えるとか。
    業務スーパーを使い倒すと、費用的にはかなりの節約になりますが、量が使い切れなかったり、冷凍庫が入らなかったりしたら亜逆効果ですねー!
    どこに重きを置いて食品を買いたいのか、食事をするのかよく考えてみるのもいいかもれないです。
    もしかすると、食費はそのままでいいのかもしれないですし。
    固定費を見直すほうが手っ取り早いかもですね。

  41. ごんちゃん より:

    食費かかりますよね…うちも同じ悩みをもっています。
    思いつくのは、
    ・業務用スーパーを利用する。
    ・大根の皮など野菜の皮も調理出来るレシピを調べて活用する
    ・カサマシレシピのレパートリーを増やすなどでしょうか。
    お互いがんばりしょう(^^♪

  42. miku127 より:

    食費5万は少し高いように思います。外食も6万は高いですね。

    食費の中にお酒代が入ってるのならそこを見直してみるのも一考かと。量を減らしてみたりあるいは少し安いお酒に変えてみたり。

    他にも飲み物を水筒などにしてなるべく自販機などで買わない。

    ちょっとしたスペースがあれば鉢植えで野菜を育てる。少スペースでも大根やじゃがいも作れる。

  43. きたきつね より:

    すごい!外食で6万!

    少し外食は減らして食費ももう少し減らせると思いますので頑張ってください。

    サイトをはじめ今はテレビでも節約料理など多く取り上げられているので試してみては?

  44. ひよこ より:

    保険など見直されてはいかがでしょうか?
    最近私は携帯会社を格安SIMに変更しました。かなりの削減になりました。食費を減らすには頻繁に買い物行くのではなくまとめ買いがおススメです。

  45. NEKI より:

    6万円の外食は高すぎです。うちは子どもが2人いますが外食は月に1回と決めています。フリマアプリやオークションで家にある使用しないものを売ってみてはどうでしょうか?上手くいけば月に3~5万円の収入になります。

  46. うさうさ より:

    外食をした月は、1万円多いんですよね?
    単純に、外食をやめれば月々1万円は確保できますよ。
    あとは、癖のように毎日買ってしまう物などはありませんか?
    ペットボトルのお茶や缶コーヒーなど。
    家でつくったものを水筒で持ち歩くのが一番安いですが、それが難しいならネットでのまとめ買いなどはいかがですか?
    決まって買っている物は、やはりネットが安いと思います。

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ