付き合ってた彼に、楽器を買いに行くのをつきあってもらった時のことです。当時まだ中学を卒業したばかりの頃で、20万のお金を女の子が持つのは危ないから、と母が彼に預けました。

楽器屋さんで楽器を買い、帰りに二人でマクドで食事をして、帰宅しました。母から「おつりは?」と言われ「いくら預けたの?」と聞いたら「20万」と言われたので「楽器が13万で、お昼がマクドで」と言ったら「残り7万近くあるはずだよね、それどうした?」ときかれたので、「返してもらってない」と言ったら「ネコババされたかな」と。
その後彼からそのお金を返すとかそういうことは一切なく、やっぱりあれはネコババされたのだと思います。

6 Responses to “付き合ってた彼に、楽器を買いに行くのをつきあってもらった時のことです。当時まだ中学を卒業したばかりの頃で、20万のお金を女の子が持つのは危ないから、と母が彼に預けました。”

  1. ビノ より:

    そもそも他者に預けることが間違っているように感じます。
    購入で大金を持っていることが心配なら商品の予約をして両親とくればよかったのではないでしょうか?

    また彼は返さなかったというのであれば罪に問えるかもしれませんが、証拠がないのでそれは難しいかと思います。

    今後は他者に金を渡さず、カードを持たせるなり、予約にさせるなりと本人で対処できる範囲で大金が必要な買い物を済ませましょう。

  2. のんのん より:

    人にお金を貸す事は大きなリスクを負う事をわかってないとこのような事になるのでなるべく貸さないようにしましょう。
    たとえ彼氏だとしてもお金の貸し借りはトラブルしか起こさないですから。

  3. たろ より:

    それは、注意不足かもしれませんね。
    でも相手にちゃんと請求しましょう。
    親御さんから話してもらってもよかったのでは?
    ちゃんと楽器屋さんや行った先で
    請求書をもらっておくべきでしたね。

  4. 華代 より:

    ネコババされてもおかしくない状況だと思います。
    今後の対策とはなりますが、両親と行くという対策がいいと思います。

  5. まあちゃん より:

    付き合っていた彼を信用して預けたのにお母さんもがっかりですね。
    お金にだらしない人は、治らないのだと思います。
    お気の毒としか言えませんが、一緒に付き添ってもらった手数料と思うしかありませんね。

  6. bluepumpkin より:

    なんでお母様は彼にお金をあずけたのでしょうか?
    中学卒業したばかりのあなたよりお母様に責任があると思います。今から7万返してと伝えるべきですよ!!返してもらいましょう!!

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ