保険として

資産を守る保険現物資産の金は、株式などとは反対の価格変動をすることが多いため、もしもの場合には財産保全の活動を皆行います。 

 
片方で、「金利を産まない」という欠点(demerit)もあるから、一般的には資産の10~15%程度が一つの基準になると話されています。 万一に備えて、資産を守る保険として、自身のために、家族のために、そして将来のために、資産の一部を金で保有されるのを推薦します。 









コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ