健康上の理由(精神疾患)で、現在休職中です。

健康上の理由(精神疾患)で、現在休職中です。が、非正規雇用の為、このまま休めば仕事を失うかも知れません。
体のことも不安ですが、仕事を失うかもと言う不安もあります。ただ、無理をして仕事復帰しても、また病状が悪くなってもいけないと言う思いもあります。
仕事を失ったら、直ぐに仕事が見つかるのか、生活をどう立て直すのか等、日々不安です。元々障害がある為、直ぐに仕事が決まらないかもなど、どうしてもネガティブ思考になってしまいます。
働く気持ちは大いにあるのに、体が言う事を利かない。その為、日々減っていく預金残高を見るたび、悩んでしまうと言う悪循環。私と同じような悩みをお持ちの方もいらっしゃると思いますが、乗り越えた方は、どう乗り越えられたのでしょう?

24 Responses to “健康上の理由(精神疾患)で、現在休職中です。”

  1. くら より:

    お気持ちお察しします。私も同じような状態で常に悩んでおります。現在進行形です。そのため、なんのアドバイスにもならないかもしれませんが、諦めると言うか受け入れるしかないです。自分の状態を。日本はなんだかんだ言って貧困さが激しいです。結局お金がないと何もできません。役所に相談に言っても同じです。お金がないと相手にもしてくれません。くり返しになりますが、本人の気の持ちようしかないので、仕事を続けるか休むかは相談しても結局本人の気持ちにしか答えはありません。お互い無理はせずでも頑張りましょう。

  2. あきしゃん より:

    私も今、似たような状況で悩んでおります。年齢も40代に入り、新しい職を探すのがただでさえ難しいところに精神科通いときたら、先行きは不安でしかありません。現状は生活保護で乗り切っておりますが、役所の就業支援で働けたとして、その後も安定的に自分が仕事に耐えうることができるのか、という点でも悩んでしまいます。

  3. はりの より:

    精神的な理由だと無理に復職するのもきついですよね。
    私は精神的な理由で退職をしました。その後は心療内科に通ってましたが、なかなか次の仕事が決まらずに、生活保護受給して生活をやりくりしましたよ。精神的な理由だと周りに理解されにくいので大変ですよね。でも、同じ悩みをかかえている人は沢山います!1人じゃないです!

  4. りんご より:

    お体の具合はいかがですか?大変でしたね。お金の不安でてきますよね。しかし心身ともに健康があっての仕事だと思います。もし今もっと無理なさると悪化したりしませんか?酷くなると体を治すのも時間が掛かってしまいます。一旦立て直すという意味でもゆっくりお休みしてみてはいかがでしょうか?家で内職も考えれませんでしょうか?

  5. joyful3142.cw より:

    精神疾患は辛いです。私も鬱病でしたがネガティブになりやすくなります。乗り越えるには自宅で出来る在宅ワークをしました。簡単な作業で出来ます。精神疾患を分かってもらえるパートナーさんはいますか?いてくれると外に連れて行ってくれますのですぐには治りませんが人が多い時間を避けて外出するのはいいと思います。私がそうでした。人混みが駄目になってしまったので自分で何も考えず夢中に出来るような事を考えました。通院していると思いますが薬は自分に合ってますか?合わない薬を飲んでいたら安定剤すら効かなくなります。薬の面も自分に合っているか考えてみてはいかがでしょうか。深夜でもいいので少しずつ外に出る機会を増やすのもいいと思います。

  6. joyful3142.cw より:

    慌てずに治してください。パートナーの方はいますか。精神疾患をわかってくれないと厳しいですし、私は鬱病でした。自宅で出来る在宅ワークはどうですか。簡単に出来ますし多少の収入にもなります。病院で診断書を貰って一時的に役所で相談し生活保護費で治るまでという形でもいいと思います。

  7. フィッシュハンタ- より:

    現在は貯金を切り崩して生活されているのですね?
    今、現在出来る仕事を探してみませんか?
    障害者枠も少なくありません
    先ずは外で他人との関わりを持つことが重要です
    定番として午前中は辛くとも午後からは平常に戻るパターンなのでは?
    残高がゼロになる前に行動をするべきだすよ

  8. ハル より:

    お近くの精神疾患の生活・就労支援センターに相談してはいかがでしょうか?
    現在の症状に合わせてどうしたらいいのかを一緒に考えてくれると思います。
    やめると決めた場合も再就職に向けての段階的な支援のあるところもあります。まずは探すこと、そして相談してみることをお勧めします。

  9. ヤマネコ旅行社 より:

    私は心理療法が効きましたよ。心理カウンセリングというものです。とても科学的で合理的です。あせらないように心の状態を持っていくのも大事な治療でした。病状が落ち着いたらだんだんと稼げるようにもなりました。あきらめずにいきましょう。

  10. ジュン より:

    病は気からと言いストレスは健康に一番悪いと思います。
    ゆっくり休むのが一番良いのでしょうが、お金のことが心配なら体に無理がない程度の簡単な在宅作業をしてはいかかですか?

  11. konoha より:

    まずはお身体のことを第一に考えていただけたらと思います。今休職されているお仕事ひとつだけがお金を稼ぐ方法ではありません。
    他の方も仰っていますが、在宅で可能な仕事もあります。今のお仕事を失うことにとらわれすぎず、お大事になさってください。

  12. ヤムプラーム より:

    バックグランドは多少違うかもしれませんが、お気持ちが解るような気がします。自治体によっても真剣に考えてくれるところとそうでない場合があるので、役所へ行くのも何ともいえませんね。先ずは、健康面を優先に単発的なバイトが近くにあればいいですね。

  13. みさと より:

    経験者なので分かります。今お体の具合はいかがですか?
    誰か近くに話を聞いてくれる方はいませんか?
    最寄りの役場の保健師でもいいです。

    まず、焦ってもいいことは一個もありません。
    これが事実です。
    鬱が明ける日が来ることを信じて辛くても日常生活のリズムを整えることから始めませんか?
    自分を信じることからです。頼れるのは自分しかいないと
    腹が据わるまでコツコツ丁寧に暮らしてみませんか?
    経済面では、福祉課が相談に乗ってくれます。
    何とかなるものです。自分を信じてくださいね。

  14. いと より:

    今はお体どうでしょうか?私も精神疾患で数年休職し、やっと昨年末から短時間のアルバイトですが社会復帰のリハビリをはじめました。人それぞれと思いますが、精神疾患は慣れた頃に再発するということです。家族からは、『アルバイトも始めてもう完治しただろう、そろそろフルタイムで働かないのか?怠けてるのか?』と言われ、ものすごくプレッシャーに感じてどうしようもない不安焦りがありました。主治医に相談したところ、まだリハビリ期間は必要とのことで現状維持している最中です。ご家族に経済的に頼りに出来る方はいらっしゃいますか?今は休むことが仕事と思うことが大事だと思います。

  15. かけてぃ より:

    お身体大丈夫でしょうか?
    私も休職したことがあります。
    同じように減っていく預金を見る度に憂うつになって、あせってしまったんですよね。
    主治医の静止をふりきって、復職したんですが、やはり悪化していまい、退職しました。
    私は精神疾患で、10年近く悩んでます。最初にきちんと治療しておけばよかったと今後悔しているところです。
    きちんと良くなってから復帰してくださいね。仕事はなんとかなります。でも、しっかりと治療しないと、その後もズルズル引きずってしまいます。
    お身体が一番大切です。焦らないで、今はゆっくりしてくださいね。

  16. SUZUMATA より:

    私も業務委託という非正規の立場でお仕事をしておりました。
    ある肉体的な病気がきっかけで、ひどい心気症になり、つい先日まで心療内科で2年ほどカウンセリングを受け、同時に精神科で昼間の不安をとるお薬と、ぐっすり眠れるためのお薬を処方されておりました。
    幸いなことに私の場合はお仕事をしている間は気持ちが紛れていて、なんとか2年で心療内科は卒業できました。お薬の力は少し借りております。
    そして、なんと元気になった途端に、今度はそのお仕事を雇い止めになってしまいました。とても落ち込んだのですが、気持ちが元気になっていたので、40代も終盤の私でも在宅ワークからスタートできております。
    非正規のお立場ですとお休みしていても気がきではないのでは?思い切って「首になったらなった時」と開きなおれるといいのですが。難しいでしょうか? 

  17. はな より:

    体や心が元気でないと、焦りもありますよね。無理してしまって、より悪化させてしまうと元も子もないなと思いますし、自分自身も何度もその経験をしてきました。
    外で働けた方が給料も沢山貰えるし、生活に安心を感じられますが、元気が出るまでは、スマホを使った仕事などでわずかでも稼ぐ方法を選んではいかがでしょうか。

  18. シャム より:

    心中お察し致します。
    日々の生活は貯金を崩して凌いでいるとのことですが、傷病手当金は申請していませんか?
    社会保険に加入していて、医師からの診断があれば申請可能のはずです。
    月給の2/3程度は毎月支給されるので、とても助かりますよ。

  19. ハリルリ より:

    私も同じ理由から休職→退職しました。好きな仕事だったので上司に相談して休職していました。通院と投薬しながら一時は復帰しましたが病状は良くならず休みがちになり、このままでは職場の人にも迷惑がかかるし、心身もキツかったので退職することにしました。もちろん辞めた後の不安はありましたが、職場から傷病手当を貰い、しばらくは実家で療養していました。
    頼れる身内がいたから療養に専念出来たので
    もしいらっしゃるなら、そこに甘えるのも必要だと思います。
    まずはしっかり身体と心を休めてください。
    自分自身の不安が減ったら
    通院しながらでも働く事は可能ですよ

  20. sakura より:

    お気持ちお察しします。
    私は耐え切れず退職いたしましたが、退職後に職に就けず貯金が減る毎に気持ちや視野まで狭くなり出かけるのも億劫になってしまいました。再度同じ職場で頑張れる気持ちがあるようでしたら、退職はいつでもできますので頑張ってほしいです。ただ退職後、お金は無くなりましたが、その分小さな幸せを何倍にも感じることができるようになり、私は退職して良かったとやっと思えるようになりました。

  21. くろねこ より:

    私の周りにも似たような人がいました。その人も毎日不安で早く働かなければという気持ちでいっぱいだったそうです。その後治療に専念して社会復帰できたそうなので、やはり焦らずまずは治療に専念することが大事だと思います。

  22. momota より:

    お仕事を無理してすると余計しんどくなります。
    自分の体を優先してあげてください。
    市役所に行って、まず税金の免税を申請しましょう。
    病院代も何か申請すればほとんど支払なく治療が受けられるはずです。
    詳しくは病院の先生にきいてみては?
    身内でだれか助けてくれる人はいないのでしょうか?

  23. かっぱくん より:

    精神的な病とのことで、不安になっている部分も大きいかと思います。
    きっと神様がくれた休息期間だ、と考えると気持ちが楽になったりしませんか?

    今仕事の心配をすることは逆に病気が良くなるのを妨げてしまいます。
    どうしても心配なら、何か資格の勉強でもされてはいかがでしょう。
    自分が今できる範囲で、自分のことを安心させてあげましょう。

  24. ゆかゆか より:

    精神科で働いています。
    精神疾患を患う方は真面目で悩みを相談できない(しづらい)方が多い気がします。
    まずはお体を大切に、お金や仕事のことは病院でも相談にのってくれる方がいるのではないでしょうか?
    社会福祉士など…
    辛いときでしょうが、一人で抱え込むのはやめてくださいね。

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ