医療費は安くなる保障のぎりぎり手前で、毎月医療費に給料が消えます。

18 Responses to “医療費は安くなる保障のぎりぎり手前で、毎月医療費に給料が消えます。”

  1. うかい より:

    生命保険には入ってらっしゃらないのでしょうか?それでかなり補えるとおもうのですが…
    あとは精神的な病や肉体的な病でしたら、障害者手帳の交付と医療費の控除が受けることができますよ。三割負担から一割負担になりますので、ぜひ。

  2. ゆか より:

    高額だと一ヶ月の保険料が何円かかっても決まった金額しか払わなくて良い制度が、あります。私は詳しく分からないですが父が病気の時、保険料が安くなる制度を使っていました。

  3. れれたん より:

    医療費は本当に大変ですよね。
    病院に行かないわけにはいかないし、早く体調がよくなればいいですね。頑張ってください

  4. さくさく より:

    医療費は削れない出費の一つですよね。もしも奥様おご病気が心療内科などにかかられているのであれば、一度主治医に「自立支援受給者証」が取れるのかご相談されてはいかがでしょうか?またお薬はジェネリックに変更してみてはいかがでしょうか。

  5. 葛城 より:

    高額医療費の申請はしましたか?
    会社の総務担当に相談してみてください。
    健康保険組合で名称は多少違うかもしれませんが、
    医療費の負担を減らす公的な制度です。

  6. ZERORO より:

    細かい部分が書かれていないためなんとも回答しがたいですが、公的な保障はすべて試してみましたか?他の方も書いていますが、自立支援、高額療養費、生命保険。方法はたくさんあります。まずは1日時間を作り、ネットとにらめっこしてみましょう。何かヒントが出るかもしれません。

  7. ナオ より:

    体の丈夫なひとなら若いころはそんなにかからないので安心ですが、高齢者になると削れない出費ですよね。日々の摂取するものによって体調が変わるかもしれませんよ。

  8. 北海道 より:

    医療費は、本当に高いと思います。私も毎月、通院をしていますが、薬代だけでもかなり行くので、大変さが良く分かります。

  9. フィッシュハンタ- より:

    かかりつけの主治医相談をして「自立支援の申請書」を発行してもらいお住まい管轄の市役所の障害福祉課へ申請すると1割負担の診察料金で治療費の支払いができます

  10. みほ より:

    医療費控除は基本です。
    最近は、ドラッグストアの風邪薬も対象になってきたので、
    医療に関する出費が10万円を超すようなら、
    払いすぎた税金が返ってきます。
    レシートは必ず保管してください。
    一時的にお金が出ていくので、それなりに大変ではありますけれど。
    あと、他の方も書かれているように、
    あまりにたいへんな病状でしたら障害年金が受けられると思います。
    お大事にしてください。

  11. たるるん より:

    医療費の控除とか保険とかって仕組みが色々あったり制限もあるので難しいところですよね。

    その辺りの制度のプロ(保険屋さんとか公務員?市の健康課の職員の方)に1度相談した方が安心な気がします。

  12. ゆき より:

    自分が属する世帯の一年分の医療費の領収書を取っておいて確定申告の時に医療費控除の申請をすると、申請しないよりも税金が少なく済む可能性があります。給料から天引きされるなどして先に払っていた人は多く払っていた分があれば還付されます。もし控除申請をしていないのであれば、一度税務署に問い合わせることをお勧めします。確か申請できるのは5年前までの分ですから、去年以前も医療費がかさんでいるのでしたら、今からでもその分を申請できるのかも合わせて聞いてみるのも良いでしょう。税金が軽減される仕組みですから、どれくらいのお金が返ってくるかはもともとどれくらいの税を収めていたかにもよります。また確定申告が得か損かは一概に言えません。お給料を貰ってお勤めの方は、職場で年末調整をしているから確定申告なんて関係ないとお思いになるかもしれませんが、医療費控除は職場の年末調整では為されません。職場から源泉徴収票が出ていても、その源泉徴収票と控除に必要な物を持って改めて申告しないといけませんので、中には得られる還付を受けていない方もいるでしょう。

  13. ゆき より:

    世帯分の医療費一年分の領収書をまとめて、確定申告で医療費控除の申請をすれば払いすぎた分の税金が還付される可能性があります。もし医療費控除の申請をしていないのであれば、一度税務署に問い合わせることをお勧めします。5年前分まで申請できるので、去年以前から医療費がかさんでいるのでしたら、その分の申請についても聞いてみましょう。お給料をもらってお勤めの方は、職場で年末調整をするから確定申告なんて関係ないとお思いになるかもしれませんが、医療費控除は年末調整では為されません。職場から源泉徴収票が出ていても、その源泉徴収票と申告に必要な物を揃えて改めて申告しなければなりません。税金を軽減する仕組みですから、どれくらいの額が還付されるかは元々どれくらいの額を払っていてその中にどれだけ余分な支払いがあったかによります。確定申告が得か損かは一概には言えませんが、収入がお給料のみでそのお給料の多くが医療費に費やされているとしたら、問い合わせて調べてみる価値はありそうです。

  14. ゆき より:

    医療費が安くなる保証とは高額医療費制度でしょうか?一カ月の医療費が決められた額を超えるとその超えた分は払わなくて良い制度と聞いております。高額医療費制度には世帯合算というやり方もあるそうです。こちらも使うには条件があり今回の事例に当てはまるかはわかりかねますが参考までにお知らせします。
    高額医療費制度は、たとえ一カ月以内の入院でも月をまたいでしまうと月の変わり目を境に二カ月分に分けて計算されてしまうといった落とし穴もある様です。逆に、例えばニカ月分ほどの薬でも一回にまとめて処方してもらえばその月の医療費となり月に分けて計算はされない様です。今ぎりぎりで医療費が高額医療費制度の適用ラインを下回っているのでしたら、薬をまとめて処方してもらったり通院や検査の日程を調整して制度が適用される月を作るのはどうでしょうか?

  15. ヤマネコ旅行社 より:

    医療費は本当に大変です。いわゆるメタボリックシンドローム、高血圧、
    高脂血症、高血糖といった病気での薬代で1万円がとんでいきます。
    ジェネリック薬品とか余った薬の活用とか、生活習慣の見直しとか小さなことも地道にやっていく必要がありそうです。

  16. 北の自由ねこ19 より:

    医療費は削れないですから大変ですね。私も、もともと体が弱かったところ交通事故にあってしまい大変な時期がありました。主治医に事情を話し、なるべく医療費がかからないように診察の回数、医療費の公費負担などのアドバイス、配慮をしていただきました。一回一回は大きな差がなくても1年続けば大きな違いが出ました。

  17. pzx より:

    お住まいの地域の役所に、高額医療制度が適用されるか相談されてみてはいかがでしょうか。お大事になさってください。

  18. みほ より:

    役所、あるいは病院に相談するのが手っ取り早いです。
    てんかんの疑いがあったとき、脳神経内科の先生は「自立支援の書類ならいつでも書くから言ってね」と言ってくれました。
    医療費控除のことはご存じのようなので、ここでは省略しますが、税金を払っている以上、地方自治体のサービスはめいっぱい受けましょう。

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ