収入は老齢基礎年金のみ。 節約しているけれど、生活が心配。

8 Responses to “収入は老齢基礎年金のみ。 節約しているけれど、生活が心配。”

  1. しっぽな より:

    一緒に生活する、もしくはせめて生活費の援助をしてあげるとか
    具体的にできそうなことはないか、ご両親に直接お話してみたらいかがでしょうか。
    心配だけしていてもなにも変わらないと思います。
    私は末っ子で跡継ぎの立場ではありませんが、姉妹がみな実家を離れてしまい父も亡くなってしまったため、一人になった母が心配になり、主人と相談して我が家に呼び寄せ一緒に暮らしています。
    喧嘩もしますが母娘でたまにデパートめぐりや近くの市民浴場に出向いたりしてあまりお金の掛からないささやかな贅沢して楽しんでいますよ。
    一緒に生活したからといってすべてを面倒見る(金銭面)というわけではなくちゃんと生活費を入れてもらうことでお互い気まずい思いをすることはありません。親子なんですからまずはご両親のお気持ちを確かめるところから始めてみてはいかがでしょうか。

  2. なな より:

    今後体調を崩される事もあるかもしれませんし、不安ですよね。もし、何かあって金銭的に足らなくなれば投稿主様が負担することになります。ですが、行政には色々な補償や補助の制度があり、意外となんとかなります。不安ならば調べてみて、知ることで楽になるかもしれません。

  3. hiroken より:

    親御さんが一人暮らしなのも気になるし、老齢基礎年金だけの生活も気になりますね。
    私の場合、父親がなくなって母親と二人暮らしになりました。
    借地の持ち家なので、家賃よりは安く生活できています。

    月々の生活費の大体で試算して、赤字になるようであれば援助したほうが良いかと思います。私の母は一人の食事は、とても質素です。食べ物にも気を使って上げたほうが、良いかと思います。

  4. まきこ より:

    心配していても仕方ないので、具体的にどうするか考えてみてはどうでしょう?
    うちは義父が単身での年金暮しをしていましたが、一昨年に突然脳梗塞で倒れました。幸い一命は取り留めたものの、倒れてから約12時間ほど誰にも発見されず思い後遺症が残りました。現在は同居での介護になっています。取り返しがつかない事態になる前に、同居が無理でもライフラインの確保や緊急時にどうするのか、ご兄弟がいるなら交えて家族みんなで話し合いをされてはいかがでしょうか。

  5. 茨おかちゃま より:

    私も年金生活者になり(まだ蓄えはありますが)大変不安に思っています。ただし、心配ばかりしていてもしょうがないので、具体的に生活の収支を長期的に計算してみる必要があるかと思います。
    パソコンを使える方であれば、収入(年金やその他)や自分のご家庭のだいたいの生活費(食費、光熱費、日用品費、通信費等々)を入れると、84歳くらいまでだいたいの収支(いくら食いつぶすか?)を計算してくれるウェブサイト(もちろん無料です)が結構あります。精度は?ですが、だいたいの見当(今のままでどうなるか)はつきます。パソコン使えない方は、ファイナンシャルプランナーの無料相談を活用されるのも手かとは思います。
    いずれにしても、具体的な事実(いくら食いつぶすか?)を数字としてだいたい把握しなくては、悩むだけで対策は立てられないかと思います。

  6. まど より:

    働く現役世代の時にしっかり働いていても六万しかもらえないこのご時世では、確かに不安ですよね。節約だけでは、いつか限界がくるきがします。お金を増やす方法や近所付き合いを増やすほうが安心です。

  7. yooooko より:

    一緒に住む、ということはできない状況ですか?お近くにお住まいなのでしょうか?もしお近くなら、さりげなく多めに作った食事をもっていくとか、たまにはお昼ご飯や夕食を一緒に食べるようにしたり、実際に現金を渡さなくてもできることはあると思います。

  8. 一筆箋 より:

    一人暮らしの親を思うととても心配ですね。
    生活費の一部を援助できないのでしょうか。
    もし無理なら、不足分の生活保護を受け取ることが出来ると思いますので福祉事務所と相談されてはいかがでしょうか。
    現に私の友達も生活保護費を受け取っています。

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ