大学に進学するとした場合、公立高校と私立高校お金の面ではどちらが得でしょうか?

中3の子供の進学について悩んでいます。大学に進学するとした場合、公立高校と私立高校お金の面ではどちらが得でしょうか?もちろん私立の方がお金がかかるのは分かっていますが大学に行くなら塾や予備校のお金もかかりますよね?先日私立高校の説明会に参加したら、うちは塾や予備校に行かなくても大勢の大学合格者を出しています!と宣伝していました。そうするとどちらが得なのか分からなくなってきました。アドバイス欲しいです。

27 Responses to “大学に進学するとした場合、公立高校と私立高校お金の面ではどちらが得でしょうか?”

  1. はる より:

    高校選びというのは本当に悩みますよね。私も同じようなことで悩んだ時期がありました。しかし、塾に通わなくても合格させるという私立高校に通ってる生徒でもレベルの高い大学を目指している生徒はだいたい塾などに通っていました。また、私立高校では全生徒が向上心を持って受験を目指しているかと言うとそうではないのです。そう考えると公立高校に通いレベルの高い同級生と塾などに通いながら切磋琢磨し学んでいくというのが最も効率よく金銭的にも負担がないのかなと思います。

  2. むう* より:

    結局は本人のやる気次第です。
    私は現在大学2回生の者です。今の大学には公立高校から予備校に通わず進学いたしました。私以外にも予備校に通わず有名私立大学に合格した子はいました。逆に上位私立高校に通っていた中学時代の友人が現役で合格できずに浪人して今年大学の1回生として生活しています。
    金銭面の視点からすれば、偏差値高めの公立高校へ進学し必要であれば予備校を利用するのが良策と考えます。しかし、学校選びは本人の意思を尊重するのが一番です。

  3. せつ より:

    私は子供を中高一貫の私立に通わせています。まず中学受験の際に進学塾にに通わせ、中学に進学すると高校受験はないのと、学校が勉強に力を注いでくれるので、塾には通う必要はありませんでした。

    エスカレーター式に高校に上がり、高校1年生の今も塾には通わせていませんが、大学入試となると塾に行かせた方が良いと思っています。

  4. daisuke0520 より:

    これはなかなか難しい問題かもしれませんね。
    もちろんおっしゃるようにただ高校に行くだけであれば公立高校の方が安くなります。
    しかし大学受験の勉強のことまで考えると私立高校で勉強して塾や予備校に行かなくてもいいのであればかえって安くなるかもしれないというのも一理ある考え方だと思います。
    しかし何より進学する本人がどのように考えているかを聞いてあげて決められるのがいいかと思います。

  5. まな より:

    私は公立高校出身の現在大学生ですが、高校時代は一切、塾などには通っていませんでした。学校でかなりの量の課題やテストがあり、受験直前は22時まで勉強、先生に質問できる環境だったので、志望する公立高校の学習環境次第だと思います!

  6. ぱんだ より:

    居住地域にもよりますが、私立高校が周りにあまりない環境でしたら、公立高校に進学するお子さんがほとんどです。公立高校の先生が補習や講習、勉強合宿などを開催してくださいます。実際、地方の国公立大学レベルだと、塾なしで公立高校から進学されている方もたくさんいらっしゃいます。大学受験に特化した分野の勉強が必要な場合は、塾に行った方が情報が入る場合もあります。この場合は、別に塾の費用が発生します。
    一方、私立高校がたくさんある地域ですと、授業時間が公立高校と比べて多く、進度が早い場合があります。高校3年生までのカリキュラムが早く終了すると、大学受験まで受験勉強に費やせる時間が多くなります。過去問にふれる時間が増え、本番までに練習する時間が多くとれます。高校の進度についていけない場合は、こちらも塾の費用が発生することがあります。
    学校の勉強をしっかり身に着け、一人で参考書を使って復習、勉強できるタイプのお子さんでしたら、学部にもよりますが塾なしでも可能だと思います。
    ただし、公立高校で各教科お子さんに合った塾に通うとなると、各塾での授業料と施設費などがかかり、費用がかかるということはよく耳にします。これは、私立高校でも同じで、学校の授業で理解できるタイプだと塾の費用はあまりかからないそうです。

  7. レミントス より:

    断然公立高校です。私立だと授業料に寄付金といろいろお金がかかります。収入が少ないと家計が耐えられません。お子さんさえ優秀で、勉強ができるなら、多少のハンデがあっても突破できる物だと思います。塾に行かなければ勉強ができない訳ではありません。ネットを使うとか、安く勉強する手段はそれなりにあります。

  8. 蒲生秀郷 より:

    都市部と地方で考え方は異なると思います。
    地方の国公立大学へ進学を希望するのなら昨今難易度は日東駒専と変わらなくなっていますので、塾、予備校は不要だと思います。
    公立私立問わずに進学校を選択して環境を整えるのがよいです。
    人は流されやすいですから。

    公立の進学校に進むのが費用自体は1番掛からないうえに、環境も整ってよろしいかと思います。
    予備校に関しては都市部の難関大学志望する際以外は不要だと思います。

  9. あんみつ より:

    うちは公立高校に通いながら塾通いをして国公立大学に進学しました。
    トータルの学費は安いと思います。
    その子によってやりたいことが違って、それによって進路は変わってくると思います。
    本人に学費のことをそれとなく話していたのと、たまたまやりたいことが合い重なったので今の進路に向かって努力したのだと思います。
    子どもさんにどんなことがやりたいかまず聞いてみるといいのかなと思います。私立ではないと叶わないこともあるようですから。

  10. シャチホコ より:

    いくら私立の学校に行ったとしても、受験するお子様がやる気がなかったり、学校と相性が悪かったりすると大学合格も難しくなるでしょう。
    お子様が本当にいきたい学校に行かせてあげるべきだと思います。
    相性が悪いと、塾や習い事など不必要な出費が増えますからね・・・

  11. ちーたん より:

    わたしは公立の学校に通っていましたが、大学志望の子たちは2年生あたりからみんな塾に行ったり、自主学習を何時間もしていた印象があります。本気で進学を考えるならやはり学校の他にも勉強は必要かなと思います。

  12. その より:

    子供の将来のためにも高校受験でどこを受けるかは大きな選択になりますよね…

    公立高校でも塾・予備校に行かずとも生徒の学習サポートをしっかりしてくれているところはたくさんあると思います。
    また、自分から質問に行ける子ならば、個人的に質問にいけば先生達も無下にはしないはずです。

    私は公立高校でしたが、塾も予備校も行かず、国立大学に合格することができました。
    各高校の説明を今一度読んでみて、子供の希望も聞きつつ吟味するのがよいのではないでしょうか?

  13. ともみ より:

    お子さんは、どちらに通いたいのでしょうか?お子さんの判断に任されたらよろしいのではないでしょうか? 私学向きのお子さんもいれば、公立向きのおこさんもいます。親御さんからみて、どちらタイプですか? お子さんがとにかく楽しく学校に通えるのが一番だと思います。

  14. るうちゃん より:

    私立の高等学校では課外に学習の面倒を見てもらえることが多いですね。公立の高校では、放課後は自主学習が主ですから、塾に行かせて学習させることもある。塾も色々で掛け持ちになるかもしれないですね。どちらへ行かせても学習するのにもお金は掛かっていますよね。ここで厳密な見積もりは出すことはできないけれど、要は本人のやる気次第ですよ。塾に行かずに公立の高校の授業と自主学習を一生懸命するのが一番お金は掛かりませんね。

  15. d-moon より:

    あなたが教えを請いたい先生は誰ですか?
    将来したい事は何ですか?
    お金の損得で高校を公立か私立を選択して
    実際にその高校に通ったら、思っていたのとは
    違う、とならない為にも、ご自分の将来に繋がる
    進学先を選ん方がいいと思います。
    私立は公立よりも確かに高いですが、今は殆どの
    私立に自治体から補助金が出ているので、かかる
    費用はかわりないと思いますよ。

  16. 教育費は高い より:

    私と下の子供が私立高校に行きましたが、私立は高1から高いので、やはり公立の方が安くつきます。ただし、公立で、高1から予備校に行くなら、確かに費用はあまり変わらないかもしれないし、2つの学校に行くのは疲れるので、私立の選択はありかと思います。因みに上の子は公立でスタディサプリで頑張っています。

  17. ユーグレナ より:

    地元で自宅から通学できるの私立大学、地元から離れた国公立大学では仕送りの面を考えるとあまり金銭的な負担は大きくないと言われています。もちろん入学する学部にもよりますが。
    お子さんのやりたい仕事、学びたい学部、就職エリアを含め(大学がある地域での就職活動が有利なことが多いです)どこで学生生活を送りたいかを総合的に判断するのが良いのではないでしょうか。

  18. さば より:

    どの程度のレベルの大学に行きたいのかと、お子さんの学力やる気によるかなと思います。
    私自身、遠足が勉強合宿のような高校に通っていました。でも、塾も家庭教師もやっていました。大変なお金を両親に使わせていたと思います。私もクラスメイトは名門大学現役合格者だらけですが、100%に近い割合で塾に通ってました。やってもやっても不安だし、皆行ってるのに行かないのも不安でした。
    だから、大学受験する子は推薦とかでない限り塾に行くと思います。

  19. うちだんご より:

    大学の学費のみで考えたら国公立
    の方がもちろん安いです。ただその分難易度が上がるので、高校時代に塾に複数個通うことになるかもしれません。私立高校は有名な進学校であれば予備校なしで多くの国公立大学に進学できる優秀な高校もたくさんあるので、まずはその私立高校の難易度や進学実績を調べてみてはいかがでしょうか。

  20. たねたね より:

    その学校の特徴によると思います。公立でも勉強面でサポートしてくれる高校もあるので、一概に必ず塾に行かなかればいけないとは言えないからです。なので、学校についてしっかり調べた上で考えてください。

  21. 冷蔵庫探し中 より:

    公立は学費が安いが、進学校であっても塾に通われる方が多い気がします。

    私立は学費は高いけれど、進学校であれば塾に通わずとも大学受験ができる方も多いです。

    私立であれば提携している大学との指定校推薦枠などもありますので、どういった大学に行きたいかを考えてから受験するのもひとつの手段かもしれませんよ。

  22. 麒麟 より:

    私立高校に通いながら塾などに通う事になってしまったら多額の出費があるので公立高校をお勧めします。ただし、お子さんの気持ちも大事にしながら高校受験を考えた方がいいと思います。

  23. クァト より:

    結局は子どものやる気次第だと思います。でも、私立でその学校のやり方のみで判断するよりも、公立でいろんな予備校を比較検討できる状況の方がいいのではないかと。

  24. すかさん より:

    どんなレベルの公立高校に行くかによると思います。お住まいの都道府県にもよりますが、公立高校のレベルはかなり上下に差があります。一般受験で良い大学に行こうとするなら、地域トップか、それに準ずるくらいの学校に行かないと難しいと思います。トップ校に行けるならば、塾に行かなくてもそこそこの大学に受かるだけの学力がつくはずです。
    塾に行くメリットとしては、高校で良い成績をとって、推薦を取るということになるでしょう。もし塾に行かずとも良い成績がおさめられるくらいまじめなお子さんであれば、公立高校に通った方が良いと思います。学校の推薦の実績なども、確認してみたほうが良いかと思います。中堅以下の高校でも、成績トップの子であればかなり良い大学に進学できると思います。
    皆勤賞のレベルで学校に通うことが難しく、成績トップでいるのが難しいなら、私立が良いのではないでしょうか。私立もピンキリですが、中堅以下の公立高校の受験を考えているなら、結果的には大学にも受かりやすいし、経済的にも助かると思います。推薦の道も多いと思います。

  25. akira より:

    いかに安く卒業後、楽な人生を送れるように学校を選ぶか、こういう問題は中学の先生が考えてくれなかったので失敗した方が多数います。私の近くにはあまりレベルの高くない高校がありまして交通費が1か月2万円もかかる遠くの高校に行かせたいご両親が多かったです。ですがレベルの低い高校は推薦で非常に有利で私大には楽に進学できましたがレベルの高い高校に行った場合評定平均が低いので推薦がもらえなくて専門学校に行かざる得なかった人が少なからずいました。就職にも成績が良くなるので有利でした。

  26. h.pablo より:

    それなりの進学校であれば、公立高校でいいんじゃないかと思います。これだけ情報があふれている現代ですから、わざわざ高額な塾や予備校に通わなくてもいい大学に進学することはできると思います。結局は自分次第だと思います。

  27. 名無し より:

    学費を考えると公立がいいと思います。大学等の話は、お子様の意見によりますね。学力や目指す大学によっては、塾や予備校も無理にいく必要はないと思います。そこら辺は出来るならよく話し合った方がいいです。

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ