大学を卒業できなかった自分にできる仕事なんかないだろうと卑屈に考え、アルバイト・パートで食いつないで10年経ちました。

私もお金の悩みは尽きません。
大学に進学しようと高校時代に奨学金を借りましたが、結局大学は家庭の事情で中退してしまい、何も就職に有利なものは残らずにただただ借金だけが残りました。大学を卒業できなかった自分にできる仕事なんかないだろうと卑屈に考え、アルバイト・パートで食いつないで10年経ちました。
10年経った今、ふと考えると自分には何のスキルもなく、「社会の役に立っているのだろうか」とか「お金を稼げない自分は価値がない」とか考えてしまい、将来に対し漠然とした不安を抱いています。奨学金が完済できればもう少し明るく物事を考えられるのかとは思いますが、進学のためだったとは言え、借金は借金ですからずっしり重く心がしんどいです。

16 Responses to “大学を卒業できなかった自分にできる仕事なんかないだろうと卑屈に考え、アルバイト・パートで食いつないで10年経ちました。”

  1. ギグルス より:

    人は社会の役に立つために生きているわけではなく、自分の人生を楽しむために生きています。仕事はその楽しむお金を稼ぐ手段でしかありません。スキルは年齢関係なくやる気次第で何かしら取得できます。

  2. やっさん より:

    自分は大学に入った経験はありませんが、転職時に何か資格が必要と思い、大型免許を取りトラックドライバーになりました。
    ま、トラックドライバーてのはあくまで例えだとしても、今からは学歴より資格社会だと思います。
    何か資格が取れるチャンスがどこかにある筈です。

  3. まちこ より:

    気持ちはわかりますが、せっかく一生懸命働いてせっせと返済し続けてきたんですからもう少し頑張ってみましょう。借金と考えず、高い税金くらいに考えてみては。何のスキルもないと不安になるなら、手に職をつけられるような職種を調べて転職するのもいいと思います。

  4. 銀さん より:

    もっと前向きに考えてください。
    10年もアルバイト・パート生活を続けて自分の力でお給料を獲得できているということは素晴らしいことです。
    世の中にはもっと生産意欲が湧かず、親のお金で生活したり遊んだりしている人もいます。
    精神的な病気にかかっていないのに、そのような生活をしている人に比べれば、あなたはもっと素晴らしい人間だと思います。

  5. kozunya より:

    自分もお金の悩みは尽きません。
    自分の場合は25歳の時に躁うつ病を発症しております。
    25歳までは短期アルバイトを地道にやって、お金を得て食い繋いでました。
    借金もして自己破産までしたことがあります。
    それに比べたら幸せなのかもしれませんよ。
    生きてていいんです。
    あなたを必要としてくれる人のために是非生きてください。

  6. ベーグル より:

    医療系や特別な理系の学部でもない限り大学で得た知識や資格を活かして仕事をしている人の方が少ないですよ。特に文系はそうです。教員免許を持っていても実際に教師になっている人も少ないです。あまり深く考えて後悔するよりも、これから何をしたいか、興味のあることは何か考えてこれからを見つめる方が将来の役に立ちますよ。

  7. ほしの より:

    私も同じく大学を中退し、奨学金だけが残っている状態です。
    仕事もアルバイトや契約社員のようなものばかりでした。

    転職をしようと、ちゃんと職に就こうと、今職安や転職サイトで転職活動中です。
    そこで思ったのは、私にはこれほどの能力があるという気持ちに自信を持てば、職は見つかるということでした。

    私なんかに‥と思っていたら、何も変わらなかったと思います。
    前向きになることがはじめの一歩かもしれません。

    一緒に頑張りましょう!

  8. tea より:

    今の会社でも思うことですが、学歴は仕事のできに関係ありません。本人のやる気次第で高卒でも役員にまで上り詰める人もいます。自分にできることを突き詰めて、資格取得などをしていけば努力は実ると思います。

  9. いもあん より:

    10年間も自分で働いて生活ができていること。社会に適応して頑張っておられること。素晴らしいと思います。
    今の時代それができずにつらい思いをしている人たちがたくさんいます。やりたくてもできないのです。でもあなたにはそれができている。とても価値のあることではないでしょうか。

  10. ころん より:

    お気持ちはわかりますが、終わってしまった事はどうにもなりません。もっと前を見ませんか?
    自分の人生です。社会での価値どうこうでなく、なにか好きなことを見つけて人生楽しみましょう!!!

  11. みりん より:

    私も大学を出ておらずなんのスキルも無く、だからと言って資格を自分で勉強してたら気力もなく…となっていたのですが、適当に1年ちょっと働いて嫌になって仕事をやめました。
    そうしたら、1年以上正社員で働いたら職業訓練を受けることができ、失業保険で働くことなくお金をもらいながら資格の勉強を教えてもらい、資格を取得しました。
    奨学金の返済で大変かとは思いますがそんな方法もあるので参考にどうぞ。

  12. 紗智 より:

    10年アルバイトやパートされてきているのでマイナスに考えることはないと思います。
    今は資格も色々と取れるので興味のあるものがあれば取ってみてもいいのではないかと思います。
    私事ですが、以前の仕事を辞めてからは生活スタイルが変わりなかなか仕事をすることができていません。
    毎日仕事探しては悩みの日々ですが自分に合うお仕事が見つかると信じて考えていければいいですね。

  13. ゆう より:

    いいんです。そんな大それたことを大義をもって仕事してる人なんてほんの一握りなんですから。私も大学には進学せず就職しました。なんの夢もなく工場の事務職につきました。私の仕事が何かの役に立っていたかは分からないけどそれなりにキッチリ仕事をする達成感はありました。バイトだってバイトだからこんなもんだと手を抜いて働いたことはないでしょう?あなたはあなたの矜持を持って仕事をしてきたはずです。でも非正規であるほど会社には軽く扱われる気がするのも事実です。なので心が疲れることもあるでしょう。小さな仕事でもずっとできるあなたが必要な場所がみつかるといいですね。応援しています。

  14. アリエル より:

    10年間もアルバイトとパートで生活できたことすごいです。そこで経験したことってきっと大学では学べなかったことだと思います。そのことを自信にしてこれからも色々な仕事にチャレンジしてみるといいのではないでしょうか。もし今まで働いた中でこの仕事は楽しかったというものがあればその職種の正社員など受けてみるのもいいと思います。借金を返しながら自分が楽しいと思えるお仕事が見つかることを願ってます。

  15. かつや350652 より:

    世の中には良い年して親の脛をかじって暮らしている人がいるなかで、アルバイトやパートで10年稼いでいることは素晴らしいことだと思います。自分にもっと自信を持っていいのでは?と思います。自分自身の人生ですから、卑屈にならず楽しんでいきましょう!

  16. れもん。 より:

    私も大学中退しました。
    同じく奨学金だけが残り返済中です。
    大学を辞めた頃は本当にお先真っ暗といった感じで、自暴自棄でもありました。何をやっても、私は何のためにこんなに苦労するんだろう。どこで私は道を踏み外したのだろう。と思うことも多々ありました。
    さらに追い討ちをかけるように、子供を妊娠してしまいました。もちろん、嬉しいことではあるはずなのにあーまたお金が…などとマイナスに考えていた生活から抜け出せないでいました。
    しかし、いまはいろいろありましてシングルマザーにはなったのですが、そのお陰で子供のために仕事をしようと思えるようになり、やっと今年再婚をする予定です。

    前コメントにもおっしゃってるように、自分なんか自分なんかとマイナスマイナスに捉えていてもしかたありません。
    だからこそ、前を向いて次の目標を立ててプラスに生きていた方が気が楽だと思います。
    もっと息抜きしてはいかがですか?前に前に。目を向けてみてはいかがでしょうか?

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ