株式市場はこれからどうなりそうですか?

5 Responses to “株式市場はこれからどうなりそうですか?”

  1. ぽてころ より:

    短期的には3月に配当目当てや決算による上げがあると思います
    また、米国はGDPが予想より少しよかったため和らぐかとあまり無理をするとスーパーチューズデーもほぼ市場の予想通り
    中国は党大会が控えているので、落とすことは少ないでしょう
    中東は無理をしない方向を模索中なので原油も横ばい
    為替もオーバーシュートはあるものもそうそう動けない逆をいうと上値が抑えられていると
    爆上げはそんなに期待しないですがすこし回復かと

    中期では消費税が予定通りか、TPPの行方 マイナス金利(賛否ありますがしばらく浸透するには我慢が必要です)の関係上一波乱はありそうです

    12月は例年通り上がると思います。 

  2. kita123 より:

    確かに、年明け以降の株式市場は2週間前の金曜日まで大幅下落で、酷い状況でしたが、1月の金融政策決定会合では、日本で初めての金融政策としてマイナス金利も導入されました。今後も、2018年の3月まではあらゆる手段で円安・株高を作り出すために行動するのが今の日銀の方針だと思いますので、今後も金融緩和傾向が続く中で、株式や不動産はバブルになっていくのではないかと思います。

  3. さーと より:

    私はこれからは、このまま停滞していく期間が少し続いた後に良いほうに好転していくと考えます。停滞は最大1年くらいだと思います。その後、数年間上昇していくと私は思います。

  4. より:

    私は今後は停滞していくと思います。今までのように株価が上がっていくことは少なくとも年内はないと思います。少なくとも今年中に日経平均株価2万円近くまで戻る事は難しいでしょうし、来年も厳しい状況だと思います。

  5. イザ より:

    先日、日銀の黒田総裁がマイナス金利の導入を決定しました。導入後は、今のところ決して市場が劇的に良くなっているとは言えない状態だとは思いますが、徐々に効果が現れてきて、市場も上向きになってくると思います。

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ