海外FX株式 売買アラートサービス選択のポイント

売買アラートサービスの有用性は例えば日本では使い勝手がいまいちなMT4、(技術的な側面も多くハンドルが難しい)などを必要とせずメールだけで配信の受信からサービスを受けられるのもポイントが高い。

それと裁量が使えるので、あまりに突拍子も無い動きは自分で判断する事が出来る。正に機械と人間の手によるいい所を組み合わせた配信方法と言えるかもしれない。

さてここでシグナル、アラート配信サービスの上手な選び方を見ておこう。










1. サービス vs ソフト

サービスとはネット上で登録し主に月額費用を払いながらメールなどでシグナルを受信するタイプで、ソフトは自分のパソコン上でソフトを動かしながら、アラートを自分向けに発行するタイプのものだ。

このサイトでは基本的に前者を中心に紹介しているが、理由はソフトタイプのものであればいくらでも自動売買タイプが出まわっておりある程度の知識が無いと運用出来ないデメリットがある為、ここでは初心者向けサービスタイプにしている。もしソフトが良いのであれば自動売買・システムトレード比較などで調べてみた方が良いだろう。

2. 値段
月額数十ドル~数百ドルが一般的だ。トラックレコードがよければよいほど人気が出るので値段が高くなる。また対応ペアの多さも値段と比例しがちだ。

3. 配信回数
自分のトレードスタイルとあうものをえらぼう。これは実は大事で肝心なときにトレード出来ない、またはタイミングが的外れ(寝ている時とか)になってトレードできないという事になりかねない。必ずページで確認してから入会しよう。










コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ