築26年の我が家。

築26年の我が家。いろいろ不具合が出てきて、まず台所の床部分フロアーの張替えをという話が出て、フロアーの張替えをするならkシステムキッチンも。ということで業者さんに見積もりをお願いしたところ、システムキッチンだけで180万円。
床張替え、壁紙張替えとなると250万円を超えてしまいます。
主人は退職して収入なし。家の周りの雑草の処理、庭木の手入れ等、一生懸命してはいるのですが、腰の調子が悪く、雑草の生える所をコンクリートわ敷こうと昨年依頼した業者さんがやっと今月末からの工事開始となり、その支払いはおよそ150万円。
主人の退職金は老後のためと思っていましたが、子ども3人の奨学金返済にあてた残りを貯蓄しているのですが、年金の他に収入が得られる方法はないものかと簡単な職探しをしてはいるものの、60を超えるとなかなか働くところも制限がかかり、

6 Responses to “築26年の我が家。”

  1. おさるさん より:

    リフォームは、実際工事が始まると、見積り額より更にかかることを覚悟しておいた方が良いですよ。築年数が経っていると、やはりあちこち手を加えないといけないことが出てくるからです。妥協できるところがないか見直して金額を落とすか、他の業者さんからも見積りを取って安いところを探すとかしてみたらどうでしょう。我が家は最初に予算を言って、要望を言って見積もってもらいました。おそらくそれ以上かかると思っていたので、業者さんには本来の予算マイナス100万円で予算額を伝えました。

  2. crowdycrowds より:

    将来の生活設計に不安がおありでしたら、リフォームなど工事を依頼する前によく考えて予算をお決めになった方がよろしいと思います。そもそもシステムキッチンはもっと安いものもありますので業者の見積だけを鵜呑みにしないほうがいいです。庭の雑草対策だってコンクリート打たなくても除草剤を散布するなら夏季に数回行うだけで済むので腰の調子が悪くてもできるはずです。お金を使わずにすむ方法をよくお考えになったほうがいいのではないでしょうか。

  3. ダンスダンスダンス より:

    マイホームはメンテナンスがどうしても出てくるのでそれを考えて購入しないと。あとは一気にメンテナンスしちゃう人がいますがそれはやめた方がいいです。面倒でも何年かに一度チェックしてこつこつメンテナンスする、すると同じ築年数でも持ちがよくなります。

  4. Rocksea より:

    相見積もりを取ってみましたか。数社から見積もりを取ることで、本当に必要な修繕や妥当な価格が分かってきます。
    自分の蓄えや今の収入に見合った修繕に収めましょう。

  5. オレンジ より:

    築26年ですか…あちらこちらで出てきますよね。
    私の実家も、特に水回りが最悪でした。朝食用に楽しみにしていたパンをネズミに1口かじられたショックは今でも忘れられません…。
    リフォーム経験はないのですが、見積もりは面倒かもしれませんが場所別に2社以上お願いしたほうがいいそうです。

  6. さーや より:

    我が家は火災保険を解約したところで雨漏りの被害に見舞われました。
    おかげで修理費百万円近く自腹になりましたよ……。
    保険は大事だなってそれで痛感しました。

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ