老後のための資金をうまく貯めていくにはどのようにプランニングするとよいのでしょうか?

4 Responses to “老後のための資金をうまく貯めていくにはどのようにプランニングするとよいのでしょうか?”

  1. ちゃーさん より:

    まず定年後の月々の生活費を設定してそれが何年続くのかおおよそ設定して、老後の必要な金額をだし、
    そこへ子供のを育てる為の積み立て、低く見積もって1,000万でしょうか。結婚資金だったり大学資金だったりを親の理想論としてプラスで割り出すと言いかもしれません。

  2. 笑うせるすまん2018 より:

     お子様の成長は楽しみな反面、お金面は大変ですよね。更に自分たちの老後の資金となればどうしていけばよいやら。
    私は52歳の男性で2人の息子が居ります。この問題は一気には解決しないので足元からやってみましょう。私の場合はまず、使えないお金を作る。例えば財形貯蓄や学資保険みたいに給与天引きにしてきました。30年もたてばまとまった貯金が出来ました。(十分とはいえませんが)もらった給与を毎月自分で配分していると貯蓄に回せない理由探しをしてしまいがちではないでしょうか?頑張ってみてください

  3. わろん より:

    一番手っ取り早いのは、個人年金をすることですかね。
    貯金する意志とは無関係に毎月貯まっていくので…。
    子供は学資保険がありますが、今は利息があまり良くないので、銀行の定期預金でも良いと思います。
    毎月のお金が減ると思うとなかなかたまりませんが、定期預金はやっぱり結構たまりますよ。

  4. kz2018 より:

    毎月少しでも貯金するよう心がけています。
    普段の生活用と貯金用の通帳は分けています。
    目下の悩みは予定外の出費があった場合に
    どうしても貯金用から降ろして使わざるを得ない状況に
    なってしまうことです(苦笑)
    それでも貯金があるなしは全然違いますよね。

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ