金投資の初歩

前回は簡単に説明しましたが果たして金投資とはなんでしょうか。

金投資のメリットと人気、初心者向けの基礎知識 金投資入門の第一歩を抑える。

「そもそもなぜ金投資は、こんなにも人気がでてきているのか?」

一般的な話として、順番に説明していきますと、










例えば株式や債券は国や企業など「発行体」の信用力に全面的に依存していますが、金については古くから存在することで多くの人が共通の勝ちを見出しています。今はなくなりましたが金本位制度という時代もありました。加えて流動性・換金性も高いことから、安心感や利便性も、金を保有するメリットではないでしょうか。

金はインフレに強い?

ドルや円などの「ペーパーマネーへの信認」が大きく揺らぐなかで、金は信用不安に強く、インフレに対する保険的な機能を持っていて正に有事の金と言われるところです。

金はなくなる?

金は今後30~40年で世界的に枯渇するといわれています(7~9万トンと推定される世界の埋蔵量に対して、年間生産量がおよそ2,500トンで推移していて「資源としての絶対的希少性」が、金需要を高めています。

他のアセットとの分配は?

金は株式・債券などと値動きが連動しない性質があることから、分散投資の対象資産としても非常に適しており、資産ポートフォリオの2割程度は金を組み入れるのが適切とも言われています。

携行性は?

資産として保管や持ち運びが行いやすい(原油や小麦など、他の商品の保管の困難さと比較すると一目瞭然)。 さらに資産保有において「匿名性」を有していることも、金保有の魅力のひとつですね。

ETFとは?

ここでは現物金が多いものの、特に日本国内においては、「金連動型のETF(上場投資信託)」の東証・大証上場など、金地金(バー)や金貨(コイン)などの現物保有以外にも、購入方法や取引方法の多様化が急ピッチで進んでいます。

金投資は小口資金からでも可能なため、取引方法の整備による国内需要の全般的な拡大も、今後の期待が集まるところです。

肝心の今後は?

金融危機(サブプライムローン問題)によって、ドルや円、そして株式や債券などいわゆるペーパーマネーに対する信用が相対的に弱まるなか、普遍的な信用をもつ「実物資産としての金」にマネーが逃避しましたね。直近の金価格を見ていただければ納得がいくと思います。

信頼できる資産として金を保有してきていた中国・インド・ロシアなど、いわゆる「BRICs諸国」が経済的に台頭しています。 これらの国々における金をはじめとする商品(原油・穀物など)への需要の高まりが、10年スパンで見たときの今後の上昇トレンドを強く期待させています。 ちなみにサブプライムショックのまっただ中にあった2008年1月には、ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物取引市場において、金は実に28年ぶり(1980年1月以来)に最高値を更新しました。

あの重大な金融危機のさなかにおいてこういった金の抜群の安定感。まさに投資を検討する時期にきているかもしれませんね。










コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ