ある投資でやられました。

11 Responses to “ある投資でやられました。”

  1. 国策に売り無し より:

    相場にお金を預けたと思って我慢。
    成功者達の失敗から見出した格言を調べてみると違った景色が見えてきます。これに習って自分も切磋琢磨しながら相場と向き合ってます。

  2. 国策に売り無し より:

    相場にお金を預けたと思って我慢。
    成功者の失敗から見出した格言を調べると違った景色が見えてきます。これに習って自分も切磋琢磨で相場と向き合っています。

  3. ゴリラ力 より:

    いろいろと後悔もあると思います、私もある投資で貯めていたお金がなくなりましたが金額は給料の3カ月分位だったのでなんとか立ち直りました。

  4. しょうや より:

    どんな投資にもリスクはつきものですので、マイナスにならずに0になっただけだと思って、勉強代だと割り切って、明るくしていたほうが運も回ってきますよ!

  5. まめこ より:

    投資はなくなってもよい分だけをするようにしたらいいと思います。投資はリスクがつきもの。貯金の分はわけて、一部を投資に、とするとリスクの分散になりますよ。

  6. fifa より:

    「ある投資」が何であるか判らないのですが信用のある取引であればやられる前にその前兆があったと思います。手仕舞いしてしまうのもひとつの考え方ではないでしょうか。

  7. tumurin より:

    主人も生活のためにとFXを始めようとここ1ヵ月ばかり勉強やデモをしています。しかし、私はそんな簡単にお金をかせぐことが出来るとは思いませんし、逆に大損して借金になってしまうのではないかと不安があります。主人はデモをしているうちに傾向が分かってきたり、何かとFXに自信を持っています。どうしたらいいのか悩み中です。投資でやられて貯金がなくなったというお話を聞くと余計に怖くなってしまいました・・

  8. いちむ より:

    投資は一割の勝者が九割の敗者から搾取する世界ですから、ご自分がどちら側の人間なのか見極めることが大切ですね。上の方はほとんど出来レースのようなもので、勝者は勝つべくして勝ってます。

  9. ペペペマン より:

    私も株式投資初心者の頃、1000万近く失った事があります。
    真剣に反省し再度投資にリベンジするか、もう二度と投資はやらないか、どちらでも良いと思いますが、ちゃんとその失敗を経験に活かして今後の人生を歩まれるのが重要だと思います。失敗から学ぶことは沢山あると思います。

  10. ゆーたー より:

    今回は勉強代ですね。
    投資の鉄則。投資額は余剰金の10%で、1回の取引で1%の損失を許容できるか。と、バルサラの破産計算式にあった損小利大の取引の連続にしか過ぎません。次回は周りを見返してやりましょう。

  11. mj より:

    「ある投資でやられた」という言い方から、「騙された」ような印象を受けますが、投資にはリスクも付き物というのは分かっての上で投資したのですよね?そうでなければ自分の無知を責めるべき。分かってた上での損失ならば、仕方ないと割り切るしかないです。お金はコツコツ働いて増やすもの。勉強した…と前向きに頑張ってください。

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ