TDIとストキャスティクを使った戦略

TDIとストキャスティクを使った戦略
 
 
これは俺が稼ぐために採用している戦略だ。eelfranzの“簡単トレード(Trading Made Simple)”に似ているよ。

 
まずはTDIインジケーターを表示する。
そしてストキャスティック・スロープ・インジケーターも重ねて表示するんだ。

TDIに表示されている、ファストムービングラインは消してしまう(色を黒色に設定すれば消えているように見える)。そして赤線だけ残すんだ。もっとも俺は目立ちやすいように緑色にしているけどね。










それで、ストキャスティック・スロープ・インジケーターの青の点線も消してしまうんだ。ストキャスティックに表示されている80、20を示している線もいらない。

俺の設定を画像で添付しておいたので、確認してほしい。
これは豪ドル・米ドルでのみ機能する。他の通貨でトライして時間を無駄にするなよ。それは俺がもうやっといたから(笑
でトレードルールは以下の通り。
1) TDIが68を超えるか、32を下回るまで待つ。簡略化のため、68超えをめざすケースで説明を進める。
2) TDIが68を超えたら、ストキャスティクスが下がって、TDIとクロスするのを待つ。クロスしたらすぐさまショートでエントリー。ストキャスがTDIとクロスして、TDIを下回ってローソク足が確定するのは絶対条件だ。
3) エントリーポイントから25pips反対方向に動くたびに、同じロット数でナンピンだ。
4) TDIが50のラインに接するかクロスしたら、直近高値に損切りを設定する。
5) 俺の場合、ポジションをいくつ持つかにかかわらず、100pipsでいくらか利食いしている。ただし、おれは最大で6つしかポジションは持たないがね。
6) もしTDIが下がったあと、再度上がり始めたら、(Wトップになろうが上に抜けようが)俺はポジションを持ち続ける。ただしプラマイゼロになるポイントは意識するがね。
7) あなたがトレンド方向にのみトレードするなら、TDIがダブルトップを形成したり、ブレイクしたりするのを見ることはほとんどないだろう。しかし、俺はトレンドにはあまり関係なくトレードし、悪くてもトントンで終われている。
8) 損切りを喰らうのは、TDIが50に達して、損切りを設定し、そこに到達したときだけだ。いくつポジションを持ったかにかかわらず、そのうちの一つはだいたいトントンで、あとは最小限の損切りになる。
 
俺の設定を添付ファイルでつけておくぜ。質問があれば答えるよ。でも、やってみてからコメントすることをおすすめするぜ。俺の書いたルールを読まなかったり、自分でチャートを設定してみたりせずに批判だけするのはやめてくれよ。
 
追記。おれがダブルトップと言っているのは全部TDIのことだ。価格、ローソク足じゃないぜ。そして俺は1時間足のみで、豪ドル・米ドルでしかやってないよ。
 
もう一つ追記。緑は上昇トレンド、赤は下降トレンドを示していて、白の印はトレードした場所だ。ダブルトップになったところは色を変えている。
 
 
Imagine FX
あなたのやり方をシェアしてくれてありがとう。利食いは逆方向にTDIが動いて68から32に行ったとき、ということでいいのかな。
 
Aandaleb
そうだね。利食いはエントリーして、TDIが68から32まで反対方向に動いたときだ。ただ、100pipsでいくらか利食ってるけどね。
また、ロングの場合、下落トレンド中で、どうも68まで届かなさそうだとしたら、ストキャスがクロスしている時に限って68に届くまえに利食うこともある。
 
TDIのダブルトップに関して言えば、俺は最初のストキャストTDIのクロスでエントリーしている。そして、再度上昇し始めて前回高値に達したら、基本的にはトントンで終われるようにエグジットすることを考えて、より平均の建値が良くなるようにナンピンを重ねているよ。
 
 
 
 









コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ